新規で脱臭システムを導入する為には


共生エアテクノ60Hz、略してKAT60Hzの山田がお届けします。
臭気対策コンサルテーションは、
 ・現状の排気臭気が周りにどのくらい飛散しているのか
 ・どんな対策が有効なのか
 ・脱臭設備は必要なのか
などを確認する為に有効です。
さて、今回の臭気は強敵でした。
アンモニアや硫化水素と低級脂肪酸が混在する強烈な臭気が
排気される為、排気口付近は生臭い腐敗系臭気が滞留します。
また時間経過とともに熱が加わる事で臭気質も変化していき、
こげたような臭気も現れます。
多くは書けませんが、小動物の死亡後の処理に発酵機を使用
しています。その排気臭気対策です。
お客様は、現状のスクラバーの改修を検討してみえるので、
新規で脱臭システムを導入する為には今回のような
臭気コンサルテーションが必要なんです。
≪テスト1日目≫
発酵機の排気を、スクラバーと消臭剤噴霧BOXを使用して
脱臭テストを行いました。
臭気減少は確認出来ましたが元々の臭気レベルが高い為、
テストの結果は、満足いく結果とはいえませんでした。
臭気指数で表すと苦情が起きるレベルでした。
同時に周辺調査も実施する事で臭気漏洩度も確認できました。
このままではいけない、何か方法を考えないと・・・。
スタッフ一同、夜は対策のミーティングです。
≪テスト2日目≫
既設のスクラバー装置の排気口に、スクラバーと消臭剤噴霧
BOXを繋げて脱臭テストを実施。
既設スクラバーによる集塵効果と温度削減が功を奏したせいか、
テスト1日目よりも臭気軽減は確認出来ました。
スクラバー装置はまだまだ使えるし廃棄するのはもったいない。
そこで、既設のスクラバーは流用して、その後段に消臭剤噴霧
BOXを提案する事となりました。
脱臭テスト風景
脱臭テスト風景1
脱臭テスト風景2
ただ、田園風景にたたずんでいる訳ではありません、周辺調査です。
鼻に全神経を集中させています。
脱臭テスト風景3
臭気コンサルテーションは多いときに月に2~3回行われます。
脱臭テストを行う事で、実機に即した提案が可能です。
日本中どこでも、いや世界中? 行きますのでお声かけください。

弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です