臭気判定士への道vol4


本シリーズの更新を楽しみにしていただいている皆様
おはようございます、中丸です。

お待たせしました!
本シリーズも4回目となりました。

4回目の今日はまずは最新情報から。
今年の臭気判定士試験の試験日が決まってきました!
 
試験日は11月10日(土)です!
試験申し込み期間は7月9日~9月7日となっていますので、
お忘れなく!

 

詳しくは、におい・かおり環境協会のHPをご覧ください。

 

さてさて、試験日まであと約5ヶ月、
本ブログを息抜きに、皆様コツコツと勉強していきましょう!

 

今回は、「ピンポイント悪臭防止法!その1」をお送りします。

 

悪臭について、何を根拠に対策を行うのかという法律に、
悪臭防止法という法があります。

 

悪臭防止法・・・工場やその他事業所における事業活動に伴って発生する
悪臭を規制することにより、悪臭防止対策を推進し、
生活環境を保全、国民の健康の保護に資することを目的
としています。
なぜ赤字で強調してあるかと言うと、なぜか試験によくでるからです!

 

悪臭防止法は第1条~第31条で構成され、各規制基準や、臭いの採取の方法、
臭気濃度の求め方、
国家資格である臭気判定士の資格も
この法律によって定められています。

 

この法律は昭和46年に定められ、当初、アンモニア、硫化水素等を含む、
特定悪臭物質と呼ばれる22物質のみを規制したものでした。
この22物質は試験でよく聞かれるので、覚えておかなくてはいけません!

 

アンモニア、トリメチルアミン、・・堆肥工場や海産物加工場で発生しますね。
P1190008

メチルメルカプタン、硫化水素、硫化メチル、二硫化メチル、

 

アセトアルデヒド、プロピオンアルデヒド、n-ブチルアルデヒド、
iso-ブチルアルデヒド、n-バレルアルデヒド、iso-バレルアルデヒド、

 

iso-ブタノール、酢酸エチル、メチル-iso-ブチルケトン、
トルエン、スチレン、キシレン、

 

プロピオン酸、n-酪酸、n-吉草酸、iso-吉草酸

 

の以上、22物質です!

 

しかし、臭いを発する物質は10万種類以上存在し、
さらにこれらが混ざった複合臭気は星の数ほどあり、
22物質を規制するだけでは悪臭苦情が収まらない
という事がわかってきました。

 

そこで様々な悪臭に対応するため、
平成7年に悪臭防止法の改正を行い、
人間の鼻の感応を数値で表した
臭気指数による規制を導入し、
現在に至るわけです。
P3290012

悪臭防止法適用外のご家庭やオフィスビル等の臭気調査
異臭発生源調査も、もちろん承ります!

次回、「ピンポイント悪臭防止法!その2」です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です