タグ別アーカイブ: 共生エアテクノ

共生エアテクノの商品開発



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

本ブログをご覧いただいている皆様、いつもありがとうございます。
共生エアテクノで、商品開発も担当しております、取締役の吉田です。

技術、そして開発。企業というのはゴーイングコンサーン。
その社会的使命を果たすためにも、常に新しい商品やサービスを
必要としていただけるように、日々是開発に勤しんでおります。

大変多くのお問い合わせ、そしてご発注をいただいているdeomoniでも、
このニオイ監視システムをいかに縦や横に展開していけるかが腕の見せ所。
今なお、さらに工場の定点監視や臭気チェック、ニオイ監視等にさらに
お役に立てるように、あるいは便利になるように。

今、さらに2~3の新たなるオプション等をお届けできるように、
弊社の若手臭気判定士たちにもプラスワンで開発に動いてもらい、
自分でもいくつか、開発にトライしております。

日本の工場、およびタイの工場で、「ニオイの見える化」を担っている
臭気センサー「デオモニ」の躍進はまだまだ続けていきます。
新たなるラインナップも近々、リリースできるように頑張っていきますので、
ご期待下さいね!

また、もう一つ、大変お問い合わせが多く、わかりやすくシンプルな
脱臭装置としてご好評いただいている活性炭脱臭装置のデオキーパーも、
基本仕様を見直して、さらに工場の排気臭の脱臭装置として、
シンプルにわかりやすくしていきたいと考えております。

デオキーパー

実は現状でも、すでにデオキーパー脱臭装置を基本とする、派生型として
メガキーパーやカゴキーパー、ミニキーパーといった横の展開がされています。
基本仕様は排気量ベースで10CMM用、20CMM用、30CMM用ですが、
もちろん、それ以外の小風量から大風量まで、幅広く対応可能です。

デオキーパー

脱臭一筋、17年目の弊社共生エアテクノが、シンプルな脱臭原理である
活性炭を用いた脱臭装置デオキーパーだからこそ、
省スペースや通過面風速等にもこだわって仕上げております。

ニオイ監視システム「デオモニ」や、
活性炭脱臭装置「デオキーパー」でしたら、
ぜひ弊社共生エアテクノ臭気判定士まで、お問い合わせ下さい。
 
 
  
会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。
 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

「deomoni」の導入事例



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

 
こんにちは、悪臭スナイパーこと中丸です。

原油や新型コロナウイルスの影響によりかなり終末感がでてきましたね。在宅勤務や大規模イベント・お祭りの自粛、テーマパークのお休み等で、家にいる時間が増え、少し時間に余裕がでてきた方もいるのではないでしょうか。

インターネット環境が発達した現代において、家から出ることなく生活する事は容易いことですが、家にいても暇を持て余す事もあると思います。こんなに時間があるので、動画配信サービスで映画・ドラマ三昧という方もたくさんいらっしゃるのでは。

そんなあなたに、かなり時間を浪費できるおすすめのコンテンツを紹介しますね。
「スター・トレック」です。

一昨年から、2005年以来の新シリーズであるスタートレック ディスカバリーが始まり、なんと今年からはスタートレック ピカードも始まりました。スタートレック祭りです。

スタートレックはアメリカのドラマですが、なぜApple、Googleは時代の最先端を走るのかと考えたときに、私はスタートレックのおかげと思っています。
携帯電話はスタートレックから閃いたという話は有名ですが、iphone・ipadの登場やamazon Alexaが「コンピュータ」で起動するのはスタートレックの世界を現実世界でやってみたい!という憧れから生まれたものですよね(私の偏見)
誰が使うのかわかりませんが、Google検索ではスタートレックに出てくる異星人・クリンゴンの言語、クリンゴン語で検索できるようにもなっています。

考えうる未来の生活(SF)を脳に刷り込んでおくというのが、新しいモノを作るのに大切なのだと思います。(私の偏見)

スタートレックはどこから見たらいいか?というのがこのドラマのとっつきにくい所ですが、TNGから見始めると良いと思います。シーズン2まで耐えて見ることができれば、シーズン3からドップリと嵌まる事ができると思います。あとは順番に見ればあっという間です。ほとんどの話がNetflixで見ることができるはずで、PICはAmazonプライムビデオで金曜日配信です。
 
 
スタートレック    TOSは3シーズン 全79話
新スタートレック         TNGは7シーズン 全178話
スタートレックディープスペース9 DS9は7シーズン 全176話
スタートレックヴォイジャー    VOYは7シーズン 全172話
(スタートレック)エンタープライズ ENTは4シーズン 全98話
スタートレック ディスカバリー  DISは2シーズン目で29話
スタートレック ピカード     PICは1シーズン目で7話
 
映画は13作ぐらいあると思いますので、全部で800時間ぐらいは潰せるのではないでしょうか。1年は8760時間ですので、すぐに見終わるはずです。

  
 
さてさて、余計な話が続きましたが、今回は臭いを測定できる夢のようなデバイス、「deomoni」の導入事例をご紹介します。

Deomoni本体はニオイセンサー部と無線通信部に別れており、ニオイセンサーで取得したデータをzigbee無線で親局PCへ飛ばし、PC上でデータを確認・保存するシステムです。

無線通信部分には様々なセンサーやブザーを取り付ける事もできるので、
・風向風速計をつなげる事で、風向風速データの取得
・パトランプをつなげる事で、臭気異常時の発報システムの構築
なんて事もできます。
 
deomoni&臭気異常時の発報システム
 
温度・湿度は標準でモニタリングできますので、臭いを含めた簡易的な気象観測システムとしても活用できます。

このところご好評いただきまして、様々な臭い現場に導入をいただいており、色々なオプションも増えた事で、何を最小構成とするかが難しいところですが、おすすめはdeomoni&風向風速計システムの構成です。

Deomoniを設置したいというお客様のなかで、自社からの臭気が間違いなく近隣に飛散しているので、その時の臭気状況を把握したいというお客様もいらっしゃいますが、工場地域などで周辺に工場が密集している場合、本当に自社からの臭気だけが問題なのか?他社の臭気も問題では?と思われている方もいるかと思います。

そんな時にはぜひ、deomoni&風向風速計システムをご活用ください。
 
deomoni&風向風速計システム
 
ニオイセンサーでわかることは、臭いの有り無し・その時の強さだけですが、風向風速データも同時に取得すれば、その時の臭いの飛散状況を推測する事ができますので、やっぱり自分の所じゃない!という事が言えるデータを集める事もできます。

臭いとテクノロジーの融合でより良い生活環境のご提案ができる会社を目指して、
これからも新しいモノをご提案できるよう、毎週金曜日は在宅勤務とさせて頂きます。

 

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。
 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

活性炭脱臭装置デオキーパー



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
いつも本ブログをご覧いただいている皆様、お世話になります。臭気判定士の原田です。

今回は活性炭脱臭装置デオキーパーにつきましてご紹介いたします。
 
 
活性炭脱臭装置デオキーパ
 
 
弊社では、様々な脱臭装置の取り扱いがございますが、最近では活性炭脱臭装置デオキーパーの注文ラッシュとなっております。

活性炭は昔からある脱臭方法で、無数に空いた小さな穴の中に臭気物質が入り込み、脱臭を行う方式となります。
 
 
活性炭
 
 
脱臭性能をしっかりと確保するためには、臭気と活性炭の接触を考えないといけませんが、設計がしっかり出来ていると高い脱臭性能を発揮する脱臭装置となっております。

昔からある脱臭方法ですが、脱臭装置としては非常に大きな装置となってしまい、設置場所の確保が大変な装置でもあります。

そんな中、弊社ではフィルターケース式の活性炭脱臭装置を開発し、省スペースでも設置が可能な活性炭脱臭装置としてデオキーパーを販売させて頂いております。

今回様々な場所でご注文を頂いておりますデオキーパーですが、お客様の注文する際の決め手は「省スペース」、「高い脱臭性能」を兼ね備えている部分にあると伺っております。

今まで設置スペースがなく、脱臭装置を諦めていたお客様へご提案できる商品となるため、ご注文に繋がったのだと思います。

対象臭気の種類、強さ、稼働頻度によってはフィルターケース式での対応が難しい場合もございますので、その場合は従来の直接充填方式での活性炭脱臭装置も設計させて頂いております。
 
 
活性炭脱臭装置デオキーパ
 
 
お客様の対策目的から最適な装置提案を行わせて頂いておりますので、臭気にお困りの場合はまず弊社へお問い合わせを頂けますと幸いです。

弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。
 
会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。
 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

スクラバー脱臭装置消臭剤添加による効果について



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、臭気判定士の原田が担当です。

今回は既存スクラバー脱臭装置消臭剤添加による効果について
ご紹介させて頂きます。

弊社では、対象臭気に合わせて様々な消臭剤を取り揃えており、
各工場様より発生する臭気に対して都度最適な消臭剤を選定しております。

某化学工場様より、新たな化学物質を合成し、製品化する際に発生する臭気に対して有効な方法がないかご相談を頂戴しました。

弊社内でも聞いたことのない、過去に臭気を嗅いだことのない臭気であったので、
どのような特性、臭質なのかが不明な状態でした。

現在は水スクラバーで排気処理を行っているが、敷地内の事務所からクレームが出るほどの臭気が発生し、困っているとのことでした。

脱臭装置に対する新たな予算も取れないため、既存スクラバーを有効利用した脱臭方法をご希望頂きましたので、まずは「消臭剤の選定テスト」を実施しました。

本テストは、対象臭気と消臭剤を99.99%接触させて、効果を検証するテーブルテストとなり、
様々な消臭剤を通過させて一番効果の高い消臭剤を選定するテストとなります。

そもそも、消臭剤が対象臭気に対して効果があるのかを事前に確認しておく必要があり、
効果のない消臭剤をスクラバーに投入するといった無駄な時間、費用の発生を抑えるために必要なテストとなります。

対象臭気があれば、弊社オフィス内でも実施が可能ですが、今回はどのような施設からどのような臭気が発生するかを確認するために現地訪問をさせて頂き、テストを行わせて頂きました。
 
 
消臭剤接触装置概要
 
 
5種類ほどの消臭剤をテストし、効果の体感を実施し、最適な消臭剤がどの消臭剤であるかを比較することができました。

最適な消臭剤が選定できた後、次回は実際に既存スクラバーへ消臭剤を投入し、効果の検証を実施することとなりました。

過去に臭気測定を実施したことがないとのことでしたので、スクラバー通過前、通過後の臭気を採取し、三点比較式臭袋法により臭気濃度(臭気指数)を算出しました。
 
 
臭気判定士
 
 
測定を行いました結果、原臭臭気濃度が1,000,000を超える高濃度臭気であることが判明し、
仮にスクラバーで90%の脱臭を行っても、臭気濃度100,000が残る臭気が発生していることを確認致しました。

結果としては、高濃度臭気のため、既存スクラバーの改良だけでは目標とする脱臭効果を得ることができないため、その他脱臭方式を見直す必要がある結果となりました。

今回のテストでは、消臭剤だけでは対策をすることが困難な結果となりましたが、事前に本テストを実施することで対策目標を達成することが出来るか検証することが可能です。

本結果をもとに、新製品の製造に伴い脱臭装置の予算案の見直しを実施するために社内で検討することとなったとのご報告を頂戴しました。

ご要望にお答えできる結果とはなりませんでしたが、臭気測定を行い、臭気を数値化し、
目標をクリアできるか検討を行い、弊社では様々な脱臭装置のご提案が可能となりますので臭気対策でお困りの際は、弊社へご相談頂けますと幸いです。

 
弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

オゾン脱臭機って?



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
いつも本ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。
病理検査室のホルマリン対策をメインに行っている
臭気判定士・作業環境測定士の佐藤です。

今年は火災の現場での脱臭作業が続いております。
そういった現場で活躍しているのがオゾン脱臭機

とある集合住宅で火災があり、脱臭をすることになりました。
まずは煤をしっかり落とす必要があります。
煤除去は色々な方法があるので、その場に適した方法で行います。

火災のあと

煤を除去し終わったらオゾン脱臭作業です。
ほとんどの火災現場で使用しているのがオゾン脱臭機「アクティボ(Activo-J)」

オゾン脱臭機 アクティボ(Activo-J)

においの強さなどによって作業日数が変わりますが、1週間前後脱臭し続けます。
脱臭期間中も現場でにおいの確認などをして、脱臭機の位置を調整します。
脱臭が終了したら臭気測定です。
専用のセンサーで脱臭前と脱臭後でどれだけ変わっているのか数値化します。

セポータブルニオイセンサー POLFA(ポルファ)

一見すると脱臭なんて無理に思えてしまう場所でも、正しい技術で対応すれば脱臭できます。

においのことでお困りであれば、ぜひ弊社共生エアテクノまで

https://www.201110.gr.jp/

 
弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★