脱臭装置」タグアーカイブ

デオキーパー脱臭装置 設置報告


人気ブログランキング
人気ブログランキング← クリックをお願いします。

   
いつも本ブログをご覧いただいている皆様、お世話になります。臭気判定士の原田です。

今回は今年の4月に本ブログでご紹介しましたデオキーパー脱臭装置について現地に設置を行いましたのでご報告を致します。

デオキーパー脱臭装置をリピート購入をしていただきましたお客様へ機器設置を行いました。

台数は過去最大の10台となるため、設置後の装置が並ぶ姿は圧巻でした。

デオキーパー脱臭装置

1台当たりの処理風量60m3/minの装置が10台も並ぶと迫力があります。

1台当たりの活性炭重量は約315㎏となるため、10台合計で3,150㎏の活性炭で工場から排出される臭気を除去しております。

新築の工場のため、まだ工場稼働はしておらず、脱臭装置の設置のみですが現地で試運転調整を実施させていただきました。

これから新工場が稼働となりますが、その際に再度ご訪問させていただき、
脱臭装置がしっかりと臭気を低下させているか確認するため、臭気測定道具をもって再度現地に訪問予定となります。

弊社では産業工場様向け脱臭装置を設置後、臭気測定を原則実施しております。

理由としましては、事前の脱臭テストで効果が発揮されていても、実機で効果が発揮されていないとまったく意味がないため、脱臭テスト同様の効果が発揮されているかを確認するために臭気測定を実施しております。

脱臭装置は設置して終了ではなく、設置後にしっかりと効果が発揮されているか確認し、
その後その効果が継続的に発揮できるようメンテナンスをしていく必要がある設備となります。

弊社臭気対策を検討する際に、

1)現状把握を行うための調査、測定を実施し、対策目標を設置

2)対策目標に見合う機器を選定し、脱臭テストを実施

3)脱臭テスト結果より、対策目標をクリアできる脱臭設備の設計

4)脱臭装置実機の納品、脱臭効果の確認

5)定期的な脱臭効果測定の実施及びメンテナンスの実施
 
 
上記の通り現状把握から実機効果維持のためのメンテナンスといった最初から最後まで実施できる企業となっております。

臭気対策は様々な方式があるため、各工場様によって対策方法が異なりますので、
臭気対策にお困りの場合はまずご相談を頂ければ何かしらお手伝いができる思いますのでお気軽にお問合せ頂けますと幸いです。

  
  
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!

人気ブログランキング
人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

総合スーパーマーケットの臭気対策



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

いつも本ブログをご覧いただいている皆様、お世話になります。臭気判定士の原田です。
     
今回は総合スーパーマーケットの臭気対策についてご紹介いたします。

新しく総合スーパーマーケットが開業した際に、周辺の住民様から飲食店から発生する厨房排気臭気が臭いとのことで苦情が発生したため、対策を行いたいとご相談を頂きました。

総合スーパーマーケットは複数の飲食テナントが入居しているため、様々な厨房排気臭気が排気される状況となります。

周辺の住居の距離などを考慮し、排気ダクトの位置を選定することで臭気苦情の発生を抑えることが可能となりますが、住居から排気ダクトの距離が近い場合は臭気が拡散されずに住宅へ到達し、臭気苦情となることがございます。

本件では複数の飲食テナントが入居しているため、対策が必要な系統、不要な系統の振り分けを実施致しました。

その後、対策が必要な系統については厨房排気用ゼオガイア脱臭装置の設置を検討しました。
  
  
ゼオガイア脱臭装置
  
  
ゼオガイア脱臭装置は厨房排気専用のフィルター式脱臭装置となり、フィルターを追加するごとに脱臭性能が上昇するため、対策目的に合わせてフィルター段数を設定いたします。

ゼオガイア脱臭装置設置後、更に脱臭性能を上昇させたいなどのご要望にお応えできるようゼオガイア脱臭装置の予備フィルターが追加設置できる仕様も対応可能です。

今回のケースでは、3店舗の飲食テナントの排気系統に対してゼオガイア脱臭装置を設置し、後々脱臭性能を上昇できるよう予備フィルター1段設けて設置させていただきました。
  
  
対策目的に合わせたフィルター段数
  
  
既に開業していることもあり、日中は一般のお客様がお買い物をされるため、設置作業は早朝に実施させていただきました。

商業施設を設計する段階で臭気トラブルを防ぐためにゼオガイア脱臭装置を予め設置されることもありますが、今回のように開業後に対策することも可能となります。

開業後にゼオガイア脱臭装置を設置する場合は、排気ファンの交換が必要になったり、設置場所スペースが確保できないためダクト改良工事が必要になることもあるため、事前に臭気対策を検討し、ゼオガイア脱臭装置の設置の有無を検討されることを推奨致します。

建物を設計する際にゼオガイア脱臭装置が必要か検討することも可能となりますので、臭気にお困りでしたら弊社へご相談いただけますと幸いです。

  
  
  
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

脱臭装置の社内検証



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
こんにちは、チーム60Hzの平山です。
ようやく少しは暖かくなってきましたね。
皆様は何を見て春を感じるのでしょうか?
私はありきたりかもしれませんが、卒業を迎えた学生を通勤途中に見かけたとき…ベタ過ぎですかね
今日も礼服に身を包んだご両親に連れ添われ、幼稚園生を見かけました。
春だね~

弊社では幾種の脱臭装置を用意しておりますが、すでに成熟した脱臭装置でも更に脱臭効果を高める方法はないかと勘案し、改良を加えていくため、
脱臭装置の社内検証をおこなっています。
今回は、弊社湿式脱臭設備たち、インジェクションスクラバーハイブリッドスクラバー
ダクトスプレーシステムをそれぞれテストしていきました。
  

脱臭装置の社内検証風景 脱臭装置の社内検証風景

 
それぞれの脱臭設備の長所を生かしながらプラスワンを考えたり、
短所を潰す作戦を練ったりと、いつもながらに思うこと…おもしろい。
検証結果はまだ纏まっていないので、ここで言えることは何もありませんが、
ヒント多きテスト内容であった気がします。

これからも弊社は、取り扱い商品の性能追及をしていきます。

なんかただ「やりました」「できました」だけしか書けない幼稚園生のような内容になりましたが、これにておしまい。
今時の幼稚園生は、もっと賢いのかしら…

  

 

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

臭気濃度と臭気指数について



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

 
こんにちは、悪臭スナイパーこと中丸です。

いろいろとありましたが、東京オリンピックが始まりましたね。こんな状態での大会開催は賛否がわかれるところですが、私が思うことは、オリンピックで大河ドラマを止めないで・・・という事です。

みなさんご覧になってますか、大河ドラマ?
今年は「青天を衝け」というタイトルで渋沢栄一が主人公となるのですが、これがまたおかしろいのでごぜぇます。
お恥ずかしい話ですが、私は渋沢栄一という人物をまったく知らず、次の一万円札が渋沢栄一に変わりますと言われても「誰それ?」状態だったのですが、「青天を衝け」ですっかり渋沢栄一の魅力に惹き込まれてしまっております。どんな魅力が?と言われても、にわかですので、気になる方はぜひ8月8日放送予定の総集編をご覧ください。

そんな「青天を衝け」ですが、オリンピック・パラリンピック期間中は放送休止です。
昨年の「麒麟がくる」は新型コロナウイルスの影響もあり、撮影自体ができなかった関係で何話か休止になりましたが、今年はわざわざ止めなくても競技のない深夜や、オンラインで放送できるのでは?・・・と思うのです。渋沢栄一も言ってましたよ、「よく集め、よく散ぜよ」って。

まぁこんなに盛り上がる(私だけ?)と思われてなかったと思うので、いまさら何を言っても始まりませんが、「麒麟がくる」みたいに来年2月くらいまで延長して全50話をやりきってほしいですね。

それはさておき、放送休止のアナウンスが事前にあったので大河ロス対策はバッチリです!
  
「新選組!」のDVDセットを借りておきました!

「青天を衝け」は、やや幕末分が足りないので、「新選組!」で補いたいと思います。「御用あらためでござる!」って言われてみたいですよね、死亡フラグですが。

全話いっきに見るにはなかなか時間がとれませんが、続編「土方歳三最後の一日」は当時視聴した覚えがないので、お盆休みやらなんやら休みでここまでたどり着きたいと考えております。渋沢喜作も、もしかして出ててくるのかも!?と、とても楽しみです。

さてさて、今回は臭気濃度臭気指数についてご紹介したいと思います。
「臭いを測定したい」というお問い合わせをよくいただきます。臭いの測定方法として、嗅覚による6段階臭気強度測定や、ニオイセンサーによる指示値の測定などいろいろとありますが、工場や飲食店厨房等の排気の臭いを測定したいとなると、「臭気指数を測定する」というのが一般的な測定方法となります。

ここで臭気指数とはなんぞやという話になりますが、臭気指数の前に臭気濃度というものを知っておかなければなりません。

臭気濃度とは、
 「臭気濃度とは、ある臭気を「無臭の清浄な空気で希釈したとき、ちょうど無臭に至るまでに要した希釈倍数」の事です。例えば臭気濃度1000というのは、無臭の空気で1000倍に希釈したときにその臭いを感じなくなる濃度のことです。」
という事です。

臭気指数とは、
 「臭気の大きさの差異が感覚的強度(人間の嗅覚にて感じるにおいの強さ)と同程度になるように臭気濃度を対数表示したもの。10log臭気濃度=臭気指数
という事です。
  
  

臭気濃度/臭気指数

  
  
臭気濃度がわかれば、臭気指数が計算で求められると覚えておけばOKです。
臭気指数がわかれば、対策が必要かどうか等、規制基準と照らし合わせて判断ができるようになります。(臭気指数による規制が導入されている地域に限ります)
  
  

臭気濃度/臭気指数

  
 
臭気濃度臭気指数の測定は、分析会社に測定を依頼するのが一般的ですが、測定してみて、基準値を超えてしまった場合や、超えてなくても苦情があり対策をしなければならない場合、改めて臭気対策専門業者や脱臭装置メーカーに相談をする事が必要になると思います。
臭気測定から、その対策のご提案、施工までワンストップでできるのが弊社の強みですので、臭気対策でお困りでしたら、ぜひ弊社までご相談ください。
  
  
  

 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

スクラバー脱臭装置の新規改良



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

 
いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
技術開発責任者の吉田です。

4~5件の、どでかい脱臭プロジェクトのお話を頂戴しておりますが、
コロナ禍等の影響もあり、再開できる工場様から順次、
といった感じでしょうか。

そのうちの1件がいよいよ本格稼働しました。
脱臭方式としては、弊社インジェクションスクラバーを用いて、
脱臭対策を行っていくというものです。
  

ハイブリッドスクラバ―

 
 
但し、とても大きな規模の脱臭プロジェクトとなりますので、
現在のスペック含めたインジェクションスクラバーのラインナップでは太刀打ちできません。

よって、本プロジェクトに向けた、脱臭装置の開発を鋭意進行しつつ、
さらに脱臭装置を含めた設計や積算も同時に進めていくという、
文字通り、これに没頭する日々が続いております。

今までも、大規模な脱臭装置のプロジェクトとなりますと、
旧来型のハイブリッドスクラバーしかり、新型のインジェクションスクラバーしかり、
スクラバー方式の場合は、一つとして同じ現場はありませんでした。
 
 

大規模なスクラバー脱臭装置

 
 
そしてその都度、弊社としては設計開発チームによる、創意工夫やアイデア、テストと改良によって、新しいタイプの脱臭装置やより性能をアップさせたスクラバーを生み出してきたのです。

今回の大型プロジェクトでも、インジェクションスクラバーに大幅な工夫を加え、省スペース、省重量、省エネ型でありながら、
高い脱臭効果を発揮できる新型スクラバーの開発が完成しました。

そこに加えて、消臭剤のラインナップも増えてきておりまして、
例えば、VOC(揮発性有機化合物)である、トルエンやキシレンといった
塗装工場や印刷工場等で発生する臭気にも、効果を出せるようになりました。

どのような種別の工場であっても、また、どのような規模の工場であっても、
弊社では小風量から大風量、低濃度から高濃度まで幅広く対応できるよう、
日々、脱臭装置の技術や消臭剤の開発も進めております。

工場の臭気対策や、工場の臭気の測定でしたら、弊社共生エアテクノまで まずはお問い合わせ下さい。
  
  

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。
 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★