deomoni」タグアーカイブ

風向・風速との脱臭装置の連動システム



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、取締役の技術開発担当である吉田がお届けします。

弊社脱臭装置や脱臭システム、臭気センサーなどは、日々是、進化を続けております。
これももちろん、すべてはお客様のお役に立てるように、より必要としていただけるために、全社全員で常にアイデアを練り続けております。

特に、水平展開がしやすくて、お客様からも「こんな使い方できないかな?」とお声を頂戴するのが、ニオイ監視システム「deomoni」です。

先日も、弊社の若手臭気判定士が「差圧計」を組み込んだ24時間365日差圧監視システムを実現化してくれました。
脱臭装置の圧力損失を把握することで、メンテナンスのタイミングや清掃や交換の時期の把握することが可能になるでしょう。

そしてまた1つ、新しいオプションとして、「風向・風速との脱臭装置の連動システム」が具現化しました。
  
  
風向・風速計
  
  
脱臭装置の設置の目的が、臭気苦情の解決をゴールの場合は、(もちろん悪臭防止法の条例遵守は当たり前としてです)そのエリアへの風向のときは脱臭装置を通して、その以外のエリアへの風向のときは、そのまま排気すればよいわけです。

なぜなら、例えば消臭剤の噴霧であれば、スプレーすればしただけ消臭剤のランニングコストがかかります。
活性炭を用いたデオキーパー脱臭装置であれば、臭気を活性炭に吸着させればさせるだけ、破過がはやまり、交換頻度が高くなります。

弊社では、お客様の目線にたって、ランニングコストを低減する方法も(弊社の利益は度外視して)愚直にご提案しております。

この、風向風速計と脱臭システムとの連動型については、モーターダンパーを用いることで、必要なときだけ脱臭装置を通して、それ以外のときはバイパスダクトを通すことが可能となります。
  
  
脱臭システムとの連動型
  
  
このように、いろいろなオプションや「あったらいいな」について弊社では常にお客様のお声をチャンスやヒントととらえて、進化に繋げていっております。

工場の排気臭対策や、場内作業環境の改善についてでしたら、弊社共生エアテクノ臭気判定士までまずはお問い合わせ下さい。

  
  
  
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

いろいろとデオモニに接続できる計測器を検討しております



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

こんにちは、悪臭スナイパーの中丸です。

季節はすっかり冬ですが、引き続き読書の秋です。今は塩野七生さんの「ローマ人の物語」を読んでます。古代ローマの誕生から西ローマ帝国の滅亡まで(たぶん)を描いた作品です。歴史が長いのでまだまだ読み終わりませんが、ユリウス・カエサルが暗殺されて、アウグストゥスに事業が引き継がれていくところまで読み進めました。ここからどのうように共和政から帝政に切り替わっていくのか、楽しみなところです。
歴史にifはないとは良く言いますが、カエサルが寿命をまっとうできていれば・・・と、思いを巡らせるのが楽しいです。
  
  
ローマ人の物語
https://amzn.asia/d/6LYom13

  
  
紫式部の次は、カエサルで大河ドラマをやってくれないかな~と思ってますが、Netflixでそれらしいのを見るしかないか・・・。

さてさて、スタッフブログなので業務につながるデオモニのお話をしておきます。
においセンサーのデオモニは、ニオイセンサーユニットと無線通信ユニットに分かれておりますが、無線通信ユニットにはアナログ/デジタルの入力・出力がありますので、さまざまな機器を繋げ、上位側のPCにデータを送る事ができます。
・風向・風速計
・パトライト
・電光掲示板
をオプションとして展開しておりまして、騒音計・振動計等も接続して運用している現場もございます。

役に立つかわかりませんが、できる事に意味があるのではという事で、いろいろな計測器を入出力繋いでみて、ちゃんと表示できるかどうかを調べてます。お客様にご提案する時に、「できる」・「できない」くらいはわかっていないといけませんからね。
そこで今回は差圧計を繋げてみました。
  
  
差圧計を繋げる
差圧計を繋げる
  
  
差圧の表示
差圧の表示

しっかり繋がり、ソフトで表示できる事が確認できました。(当たり前ですが)

警報システム(画面・音、メール等でお知らせ、パトライト等へ出力)が標準でソフトに備わっていますので、事前に設定した閾値を超えると、いずれかの方法で発報をする事ができます。

例えば、脱臭装置に差圧計を設置し、フィルター圧損を常時監視しておくことで、フィルター目詰まりによる風量低下やメンテナンス時期を事前に把握する事ができます。
排気監視ユニットでの排気口臭気の監視や、敷地境界でのニオイ監視と組み合わせる事で、臭気対策も万全と言えるのではないでしょうか。アレシア攻防戦並みの(臭気)包囲網です。

いろいろとデオモニに接続できる計測器を検討しておりますので、こんなのは接続できないの?とか、こういった使い方をしてみたい!というものがあれば、ぜひ弊社までお問い合わせください。

  
  
  
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

タイ出張



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

     
こんにちは、チーム60Hz 平山です。
久しぶりにタイ出張してきました。
パスポート眺めていると…実に2019年以来の出張でした。
久しぶり過ぎて、行く前は少々不安もありましたが、
到着してしまえば、何とかなるもんですな 笑

今回の出張は、におい監視システム「デオモニ」のメンテナンス作業ということで
現地に伺いました。

お客様に会議室をお借りして、すべて現地作業で対応させていただきました。
 
タイ出張 会議室をお借りして

  
通常は、本体を送付していただき、社内ラボにて部品交換や調整をおこなっているのですが、
タイから日本へ送付いただく費用、かかる時間、などを考え、難しい選択でしたが
現地対応に踏み切りました。
 
タイ出張 現地対応
 
 
何が難しいのかと言うと、部品交換ではなく調整の方…
社内ラボでの調整は、道具などすべて揃っているので、苦労することもありません。
ですが現地だと?調整するための道具、環境をすべて用意することができないこと。
調整はかなり苦労しました。。。逃げたいと思うほどにね
 
デオモニ 調整作業
デオモニ調整中
 
 
何度か調整を繰り返し、無事終えることはできましたが、実はこの訪タイ、
スケジュール詰まっていた中でも、無理矢理に予定を突っ込んだほどの強行スケジュールで
作業最終日の深夜便で帰国が決まっていました。
 
フライトは25:00なので余裕と思っていましたが、作業を終えて19:30、バンコク市内宿泊先まで
戻って21:00、空腹を満たして22:00…気づけば、汗を流す時間も無くなり、カバンだけ抱えて
タクシー乗り込む!変な汗かきましたわ…
 
タクシーの運ちゃんが幸いと言うか、140km/hくらいでぶっ飛ばしてくれる人だったので、
フライトの2時間前に無事に空港着きました。
 
海外出張は、余裕持っていきたいですね…ちょっと疲れました。

  
  
  
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

九州出張に行って来ました。



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

     
共生エアテクノ臭気判定士山田がお届けします。

私にとって2022年最後のブログです。

 
 
1年あっという間です。今年の1~3月頃は大型設備を設置した後の試運転や調整で、てんてこ舞いでした。

少し前までは半袖で暑い暑いと言っていたのに冬です、年末です。

子供たちには楽しい季節ですが、親父にとっては財布が寂しい時期になりました。
 
 
さて本題に入ります。

この間、平山課長と同行で2泊3日の九州出張に行って来ました。

レンタカーで福岡~大分~宮崎と南下。

宮崎からの帰りは、熊本周りで福岡まで移動。

九州はやっぱり大きい広い、移動距離は約650km。

あまり詳しく話せませんが、少しだけご紹介します。
  
  
まずは福岡 

福岡と言えば、中洲・水炊き・Deomoniです。

溶剤臭気や排水処理設備からの硫黄系臭気が外部へ飛散するのを監視したい。

におい監視システムDeomoniが対象臭気に反応するかどうかの試験と、どこまで電波が通るかの電波確認。

溶剤臭気は非常に相性が良くて、鼻の感応とほぼ一緒の反応を示す。

硫黄系臭気は、センサー素子の種類が合わなかったせいで、反応はあまり良くなかった。

排水処理設備の臭気に、におい監視システムDeomoniは実績があるので、素子の変更と反応感度を調整すれば対策は可能。
  
におい監視システムDeomoni
  
  
大分

大分と言えば、温泉・とり天・Deomoniです。

今年の前半に、におい監視システムDeomoniの反応確認と電波確認を実施した現場。

どうしても反応しないガスがあり、ガス検知機を納入する予定となりました。

におい監視システムDemoniが全く反応しない臭気成分はありますし、人間の鼻が感じない成分に反応する場合もあります。

宮崎

宮崎と言えば、チキン南蛮・マンゴー・Deomoniです。

2~3年前くらいから相談をいただいていたお客様です。

におい監視システムDemoniと風向風速計を使って、時間帯や風向きによる臭気の変動を確認しました。

時間帯によって測定値は上下しており、面白いデータが取れました。
  
におい監視システムDeomoni
  
  
においセンサーの特徴で、反応が良いガスもあれば反応があまり良くないガスもあります。また、検知しないガスもあります。

監視したい臭気に反応しないと意味がありませんので、必ず臭気の反応確認は実施します。

だから心配しないで下さい、お気軽に相談して下さい。空気中のにおいの強弱を数値化出来る、におい監視システムDeomoniをご案内します。

敷地境界での臭気の監視以外に、排気口臭気の監視も可能です。
  
監視システムオプションチラシ
  
  
臭気苦情でお困りの事業者様、全国及びアジア地域まで対応致しますのでお声かけください。

それでは、残り少ない2022年を元気に過ごしましょう。

  
  
  
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

新工場建設時の事前臭気対策相談



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

   
いつも本ブログをご覧いただいている皆様、お世話になります。臭気判定士の原田です。
今回は新工場建設時の事前臭気対策相談についてご紹介致します。

弊社臭気対策専門会社として20年目となり、創業当初から臭気対策をメイン業務として取り組んできました。

過去の事例では、工場から発生した臭気が周辺住民様、周辺工場から臭気苦情が発生したため、対策を行いたいという内容が多くございました。

ここ最近では臭気発生することは把握されており、苦情が出る前に事前に対策を行いたいという企業様が非常に増えてきていると感じております。

今回ご紹介する内容についても、事前に臭気対策を検討したいという企業様からの相談内容となっております。

依頼者様は香料を製造される企業様で、現在は山奥の工業団地内で操業されており、
現時点では臭気苦情などもなく臭気対策は一切していない状況となります。

香料の増産に伴い、現在の工場では手狭になったことから他県に移り、大きな新工場を建設予定をされておりました。

新しい建設予定地の付近に、住宅、小学校があるため、工場から発生する臭気が周辺に影響を与えないよう設計段階から対策を行いたいと相談を頂戴しました。

建設予定地の周辺状況、工場内臭気発生個所、屋外排気系統数などを確認し、
まずは既存工場の臭気発生レベルを把握することから開始するようご提案させて頂きました。

今まで臭気苦情とは無縁だったため、過去に臭気測定を行った実績がなく、
排気口からどのくらいの臭気が発生し、工場から何m先まで臭気が飛散しているかなど把握できていない状況でした。

弊社ではまず臭気対策コンサルテーションを実施し、工場から発生する臭気の状況を把握することを推奨しております。

実際に既存工場で臭気対策コンサルテーションを実施すると、周辺800mまで臭気が飛散していることが確認でき、新工場を建設した場合、周辺住民様、小学校へ強い臭気が到達することが判明しました。

新工場の敷地境界線で臭気規制の規制値以下を達成するには排気口から発生する臭気を90%以上脱臭する必要があることが判明しました。

この結果を受けて、新工場建設時に脱臭装置の設置を検討することになりましたが、どのような脱臭装置が適切か相談を頂戴し、排気風量、稼働時間、臭気の質、臭気の強さから活性炭による臭気対策をご提案させて頂きました。

その他脱臭装置のご案内も可能となりましたが、お客様のご希望など加味して活性炭での臭気対策を検討することになりました。

弊社では活性炭脱臭装置としてデオキーパー脱臭装置を設計製作しております。
デオキーパー脱臭装置は複数ラインナップがあるため、様々な状況に応じて最適な機器を選定しております。

デオキーパー脱臭装置の紹介

デオキーパー脱臭装置は小型のテスト機がございますので、実際の排気臭気に対して各ラインナップの条件で臭気を通過させることでどの程度臭気が低減するか検証することが可能となっております。

脱臭機テスト

本件でのテスト結果では、一番小型の条件でも臭気がしっかりと除去できたため、
フィルター式デオキーパー脱臭装置を設置することになりました。

現在新工場設計段階となるため、デオキーパー脱臭装置も建設時に取り付けて頂けるよう工事業者様との打ち合わせも実施させていただきました。

脱臭装置設置後の周辺への影響は敷地境界線の外で無臭レベルになる結果となったため、
活性炭を定期的に交換し、効果を維持していただくことになります。

実際に運用段階となった場合は再度臭気測定を実施し、活性炭の交換頻度を見極める作業を実施予定となっております。

今回のように臭気苦情が起こる前に自社工場の臭気発生状況を把握し、場合によって対策を実施されることは企業イメージとしても、実際に周辺に住まわれている住民様にとっても非常に大切なこととなります。

まだ過去に臭気測定を実施したことがない、どのような脱臭装置が必要かわからないなど臭気対策でお悩みでしたら一度弊社までご相談頂けますと幸いです。

  

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★