カテゴリー別アーカイブ: 弊社スタッフの願いや思い

2020年10月から第18期スタート!



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

 
いつも弊社共生エアテクノスタッフブログをご覧いただき、
ありがとうございます。

コロナ禍が続く中、海外出張が制限され、国内での活動もままならない中、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

弊社は本年9月末にて、第17期を終えまして、2020年10月1日からは、
第18期がスタートとなります。

タイでの、各地の工業団地にある、工場の臭気対策。コロナ前まではほぼ毎月、
タイ出張を行い、タイの代理店さんとともに脱臭装置をインストールさせていただいたり、
タイの工場ニオイを見える化するプロジェクトに、deomoniが活躍したりと、
しっかりお手伝いしておりました。

現状では当然、弊社臭気判定士や技術者がタイ出張は出来ておりませんが、
それでもタイの代理店さんがしっかり動いてくれております。
タイ人スタッフに、タイの臭気判定士も常駐しておりますので、
引き続き、タイの工場の臭気対策であれば、調査でもテストでも何でもお気軽に、
まずは弊社共生エアテクノまでご相談いただければ幸いです。
タイのビジネス入国が可能になり次第、ニオイ刑事も、嗅ぎにいきますよ!
 
 

におい刑事

 
 
また、国内の臭気対策については、活性炭脱臭装置であるデオキーパーを中心に、
相変わらず多数のお引き合いを頂戴するニオイセンサーdeomoniが2トップ。

そこに、大型であるインジェクションスクラバー脱臭装置のテスト等が継続的にあり、
本装置の設置を見据えた大型プロジェクトが数件、動いております。

病院の病理検査室向けのホルムアルデヒド濃度対策として、
共生エアフローユニットも納品間近の病院様が相次いでおり、
FA対策リーダーは現場対応に追われております。

もちろん、臭気調査脱臭作業カビ対策業務も相変わらず、
世の中に必要としていただき、数多くのお問い合わせやご相談を頂戴しており、
弊社でお役に立てるだけ、残暑に負けず頑張って社員一同、対応に当たっております。

少し時間が空いたところでは、弊社大阪ラボの整理整頓を行ったり、
 
 

大阪ラボの整理整頓

 
 
弊社のような零細ベンチャー企業でも、在宅ワークやリモートワークを
積極的に取り入れて、フレックスタイム等と併せて、
これからのwithコロナ時代に、変化していく働き方を取り入れてトライしています。

このように、第17期もたくさんの日本やタイ、そして東南アジアや東アジアから
多くのお引き合いを頂戴しましたこと、御礼申し上げます。

2020年10月からスタートする第18期も、ますます世の中から必要としていただけるよう
臭気対策業務に一意専心、勇猛邁進して参りますので、倍旧のお引き立てを賜りますよう
よろしくお願い申し上げます!!

 
会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。
 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コロナ禍での臭気対策業務



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

いつも弊社の消臭・脱臭ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、取締役の吉田がお届けします。

6月頃には、「いよいよ夏の7月からは、アフターコロナの世界か」
と動き出す経済やマーケットにわくわくする部分もあったり、弊社ではタイの臭気対策のビジネスに出張再開も期待しておったのですが・・。

ここへきて、まさかのコロナ感染者急増。経済活性化の切り札として期待されたGoToキャンペーンも、日本の人口の1割を占める東京都民は除外というお粗末ぶり。
自分は東京都民ではないのですが、それにしても不公平感やお粗末感は惨いものがあります。

弊社では、それでもそれなりに各メンバーが忙しく、臭気対策の現場に動き回っております。
西では、コロナもありますが、豪雨の影響で被害等もありました。
被災された皆様の少しでも早い復旧、復興を祈念します。
どうせなら、GoToキャンペーンも、被災地のボランティアの皆様に充てればいいのにね。

延期となっていた、ニオイ監視システム「deomoni」の納品も、8月~9月で続きます。
  

ニオイ監視システム「deomoni」

  
また、西日本チーム、東日本チームも、活性炭脱臭装置「デオキーパー」納品ラッシュを迎えておりまして、新規お問い合わせや、新規のご紹介による案件対応とともに、弊社の臭気判定士たちは現場から現場へと、対応が続いております。
  

活性炭脱臭装置「デオキーパー」

  
さらには、ありがたいことに、タイの工場の脱臭でも、排気臭対策向けにデオミストが進んでおります。タイの代理店さんが動いてくれておりますので、はやく我々も、タイへ出張し、タイの工場の臭気対策でも現場へ行って、直接ニオイを嗅いで、お役に立ちたいと願うばかりです。仕事出張者だけでも、タイと日本の往来を一刻も早く再開させてもらいたい・・。

それから、梅雨明けとなり本格的な暑さの中、現場での安全性を少しでも高めるべく、各メンバーに空調服を支給しました。
  

空調服支給

  
これで炎天下の現場作業も、少しは負担が軽減されるといいですね。

日本およびタイにおける、工場や病院、施設や一般ご家庭での臭気対策、ニオイ問題、悪臭や脱臭、消臭、カビ対策でしたら、弊社共生エアテクノまでまずはお問い合わせ下さい!
 

 
会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。
 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

OA異臭対策



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
こんにちは、悪臭スナイパーこと中丸です。

9月に公開される「ミッドウェイ」という映画をご存知でしょうか。私はついこの前知ったのですが、「ミッドウェイ」はミッドウェー海戦を描いた映画のようです。(映画は下調べなしで見たいタイプ)

小さい時に、レシプロ機が飛び交う映画(トラ・トラ・トラ?)を見て、戦争ものにどっぷりはまり、青春時代を「提督の決断2」に注ぎ込んだ私にとって、「ミッドウェイ」は久しぶりに映画館に足を運びたくなる映画です。

私の期待する「ミッドウェイ」としては、
ミッドウェー海戦前
・米空母から飛び立つB-25(海戦のきっかけ、ドゥーリットル空襲)
・暗号解読されて作戦目標が筒抜けの帝国海軍
ミッドウェー海戦
・米艦隊に装備される八木アンテナ
・急降下爆撃を受ける「赤城、加賀、蒼龍」、一矢報いる「飛龍」の活躍
・艦と命をともにする山口多聞(提督の決断の名シーン)
このあたりを実写で見れるのかが楽しみです。

悲劇・悲惨というイメージのある太平洋戦争ですが、
悲劇・悲惨な戦争という事は肝に銘じつつも、ミッドウェー海戦からは、なぜ負けたか?(情報の大切さ、技術開発とその実用化の大切さ)をしっかりと今に生かさないといけないのでは?と思います。

今の状況で、はたして9月に映画館は営業しているのか?という心配もありますが、公開までワクワクした1ヶ月となりそうです。

さてさて、話を現代に戻しまして、
在宅ワークやステイホームが続く中で、家に居る時間が増えているからでしょうか、外から家の中に入ってくる臭いのご相談も増えております。
最近よくお問い合わせをいただくのが、「タバコ臭や調理臭が家に入ってくるので測定してほしい」というご相談です。

弊社でできる測定としては、これまでのブログで何度かご紹介させて頂いております通り、臭気判定士の嗅覚による、「6段階臭気強度表示法」、「9段階快不快度測定」を行い、においセンサーによる臭気の数値化です。
測定した結果は報告書にまとめさせていただきますので、その結果を元に、対策に役立てていただければと思い、測定のご提案をしております。
 

臭気測定

 

しかしながら、測定をするだけでは臭いの問題は解決できません。臭いの発生源を何とかしないといけないのですが、発生源の特定や、その臭いを止めてもらう事は、難しいのが現状です。

そこで、まずは簡単に行えるOA異臭対策をご紹介したいと思います。
 ※OAとはOutside Air、Open Airの略で、外から取り込む空気の事です

○外気の流入経路を考える
臭気は基本的に外から入ってきます。なぜ外から臭いが入ってくるかというと、建物には換気扇(トイレやお風呂場、キッチンにあるやつ)があり、24時間、室内の空気を外に出しております。
出しているという事は、当然、出した分の空気を、外から室内に取り入れる事になります。
この時、外気に異臭があれば、室内に異臭が入り込む事となるわけです。

室内で異臭がしたときに、まずは換気扇を止めてみる事で、異臭の問題が室内にあるのか、外にあるのかを突き止める事がとても大切です。

異臭の原因が外にあるとなった場合、取り入れる空気をどこから取り入れるかを考えてあげる事により、異臭の侵入を低減させる事ができます。
 

OA異臭対策

 
例えば、左側のイラストでは、リビングの外に異臭がある場合、リビングの壁面に設けられた給気口から室内に異臭が引き込まれる事があります。

右側のイラストのように、リビングの給気口を閉じ、別の箇所(玄関側)から空気を取り込む事で、異臭の取り込みを防ぐことができます。
リビングの空気が淀んでしまうので、扇風機やサーキュレーターでリビングに空気を送ってあげるとより良い住環境となります。

○フィルターを取り付ける
空気は給気口からしか取り込めない!となった場合には、給気に取り付ける活性炭フィルターが有効です。
給気口に直接取り付けるタイプ(穴の場合)や給気ダクトの途中に挿入するタイプのフィルターがございます。フィルターには活性炭が含まれており、活性炭が異臭を吸着し、臭気を低減するという仕組みです。
活性炭フィルター(karbidシリーズ)
https://www.201110.gr.jp/machine2/karbid.html

臭気の測定や、フィルターにつきまして、なにかあれば弊社までぜひご相談下さい。
それでは、充実したステイホームを。

  
会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。
 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

ハイブリッドスクラバーメンテ



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
どうも、チーム60Hz平山です。
ようやく梅雨入りし、毎日じとじとと嫌な季節になってきましたね。

今回はハイブリッドスクラバー脱臭装置のメンテナンスのお話です。
脱臭設備にはいろいろ種類がありますが、性能維持するためにはやはり清掃、時には部品交換が必要になります。

この現場、2015年に設備納入させていただき、5年目を迎えますが毎年必ず実施していただけているので、ほぼ初期性能を落とすことなく現役で活躍してくれています。

脱臭設備と言えど汚れたまま使用していては、脱臭どころか、逆ににおいを発生させてしまう装置になることも考えられます。
 

ハイブリッドスクラバー脱臭装置のメンテナンス
ハイブリッドスクラバー脱臭装置のメンテナンス

 
脱臭設備の場合、汚れていては性能維持できないことから、清掃が作業の中心になってきます。
点検口開けて、水抜いて、内部パーツ外して…
あとは中に飛び込んでひたすらに洗うのみ!
毎回雨具は装着するのですが、袖や裾から水が浸入し、終わってみれば水浸し…これもいつものこと(苦笑)ここの対策はまったく考えていない…
 

ハイブリッドスクラバー脱臭装置フィルターのメンテナンス
ハイブリッドスクラバー脱臭装置フィルターのメンテナンス

 
洗いを終えて、稼働できる状態に復旧し付帯設備の点検まで終えればメンテナンスは完了です。

脱臭装置と呼ばれるものの大半は、メンテナンスがあって初めて性能維持させることができるものです。
是非、定期的なメンテナンスをご検討ください。
 
 
 
会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。
 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

におい・かおり環境学会誌より悪臭苦情等について



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、臭気判定士松林がお届けしております。

の愛読誌、というか、業界の研究成果やデータ情報を得るにも
大変重宝している業界誌として、
におい・かおり環境学会誌があります。

公益社団法人である、におい・かおり環境協会による発行であり、
その2020年5月25日発行 VOL.51 NO.271(通巻)NO.3に、
平成30年度悪臭防止法施行状況調査の結果についてが、掲載されていました。

基本的には、環境省の水・大気環境局による統計データですので、
ホームページ等でも閲覧できるものだとは思いますが、
本ブログの出典元はすべて、におい・かおり環境学会誌となります。
あらかじめご了承願います。

まず、悪臭防止法に伴う、悪臭の苦情件数です。
が記憶している限り、ここ15年くらいはずっと、減少傾向だったのですが、
最新のデータとして発表された平成30年度の悪臭苦情件数は、
前年度である平成29年度よりも増加しております。

皆さんは、この日本全国で、悪臭苦情がどれくらい寄せられていると思いますか?
件数としては、
 

 
12,573件と発表されています。

いつも内訳や地域もけっこう気にして拝見するのですが、
 

 
毎年度一番多い野外焼却に次いで、サービス業やその他も割合としては多いですね。
また、都道府県別の苦情件数と、人口100万人当たりの苦情件数も
大変参考になります。

ちなみに、悪臭防止法というのは、事業を営む飲食店や工場等が対象であり、
一般家庭等は対象外です。しかし悪臭苦情件数はそれらを両方とも含めております。
その中で、工場や事業場と、規制対象外の発生源を縦軸に、
規制地域内と規制地域外を縦軸にしたグラフでの悪臭苦情件数なども、
臭気対策として必要とされていくべきところが興味深く拝見出来ます。

次に、臭気判定士という国家資格についてです。
皆さんは、臭気判定士という国家資格者は、日本に何人いると思いますか?

こちらは、ずばり、平成30年度末時点での免状取得者として、
3,316名が登録されているとの事です。

3,000名強の臭気判定士のうち、実際に現場や作業で、その資格を武器に
お仕事されている方がどれくらいいるのかわかりませんが、
この人数が多いか少ないかは、皆さんのご判断にお任せしましょう。

実際には、5年目に免状更新が必要であり、そこで更新しない方もいらっしゃるので、
毎年どんどん臭気判定士が増えていくわけではなく、微増といった感じでしょうか。

最後に、悪臭防止法に基づく措置の状況です。
これはどういう事かというと、立入検査を行ったとか、報告の徴収を行ったとか、
あるいは測定まで行ったとか、測定した結果が基準超過だったのかどうか、
そして改善勧告や改善命令まで至ったケースがあったのか、といったところです。

改善勧告や改善命令というのは、やはりそこまでのケースはまれのようです。
それでも、立入検査はそれなりの件数がありますし、測定してみたら
悪臭防止法の基準値を超過していた、という割合もそれなりにあるようです。

弊社共生エアテクノは、あくまで臭気対策を行い、ニオイで困っている会社や人から
必要としていただける存在となっていく事です。
そのために、このような業界誌による有益なデータはしっかりと活用させていただいております。

以上、一般の方にはなかなか気にされる事もないであろう、
悪臭苦情件数のデータ等について、書かせていただきました。

工場の臭気対策や、ニオイに関する問題のご相談でしたら、
弊社共生エアテクノまでどうぞ。

 
 
会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。
 
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★