マイクロゲル消臭剤をダクト内スプレーシステムで使用。


いつも大変お世話になっております。
第10期を迎え、今期のスローガンも決まり、
ますます深呼吸空間の創造に奔走している原田です。

今期も消臭・脱臭のプロフェッショナルとして、
悪臭対策の現場に臭気判定士として、
日本はもちろん、アジアへも飛んでいく覚悟です。

さて。
脱臭の方法にはいろいろありますが、
弊社はほとんどの脱臭法を取り扱いしていまして、
それが弊社の特徴の一つとなっています。

その中でも、最もご提案するケースが多い一つであり、
お客様のニーズに合致しやすく、
消臭納入実績が多いのが、消臭剤噴霧方式です。

既存の排気ダクトが長い工場さんですと、
そのまま消臭剤スプレーシステムを設置すれば、
それなりの脱臭効率を発揮させる事も可能です。

でも、私の臭気判定士としての経験の中で、
そのような上手い話は本当に稀です。
ほとんどは、排気ダクトであったり、接触boxであったりを
設計して、消臭剤噴霧の効果を最大限に発揮させるノウハウも
大切なご提案内容となります。

スプレーS2

現場にあるものを活用するケースも、裏技的ですが少なくありません。

例えば↓の堆肥化工場様の事例をご覧下さい。
http://www.201110.gr.jp/voice.html#006
現場で使わなくなったのか、使えなかったのか分かりませんが、
大きなスクラバーのようなものが置いてあったのです。

これを見逃す手はありません。
共生縦型消臭スクラバーとして活用させていただいたのです。
マイクロゲル消臭剤をスプレー噴霧してその中を縦型に臭気を
通しながら接触させるイメージです。

スプレーS1

↑の現場では、仮囲いを作ってしまいまして、自然と排気されていくところを
活用して、チャンバーboxと見立ててしまい、そこに消臭剤スプレーシステムを
上手く導入した事例です。

先日も、消臭剤をご購入いただいたのに、効果があまり出ていないという
お客様がいらっしゃいまして・・。
いくらマイクロゲル消臭剤の消臭効果が高いと言っても、
それをしっかり活用できなければ、宝の持ち腐れというものです。

消臭剤のスプレーシステムの効果。それは、
「消臭剤の脱臭能力」×「気液接触率」
で決まると言っても過言ではありません!!

その両方を持ち合わせている、弊社共生エアテクノの工場対策メンバー。
だからこそ、たくさんのお客様からたくさんのお引き合いを頂戴し、
たくさんの実績からまたたくさんのノウハウが蓄積されていく、
まさに消臭対策のプロとしての、上昇スパイラルなんです!

消臭剤スプレーシステム、ダクト内スプレーシステム、
スクラバーシステム。
産業工場の臭気対策は、既存で上手く行っていない場合でも
ぜひ弊社までお声掛け下さい。
https://www.201110.gr.jp/inquiry.html

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
  
人気ブログランキングへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です