初めてのオゾン脱臭作業


ブログをご覧いただいている皆様、お疲れ様です!

嬉し恥ずかし?初めてのオゾン脱臭作業を体験してきた
笹崎が、興奮冷めやらぬまま、臨場感たっぷりの
脱臭作業の様子をお届けいたします~。

実はGW期間中、某所の火災現場のオゾン脱臭
行って参りました。

何を隠そう、実は私笹崎は、今回が初オゾンとなります!

DSC_0541

今回も脱臭で活躍するのは、こちら「ActivO-J
http://www.201110.gr.jp/machine/ozon_dassyu.html#05

1時間あたり12000mgものオゾンを発生させます。
弊社が取り扱うものとしては、最もオゾン発生量が多いものになります。

ここで豆知識。
オゾンとはO3という、酸素分子が3つ結合した物質で
オゾンO3から酸素O2に戻る際に放出された酸素分子Oが
周囲の臭気物質と結合して、酸化反応を発生させるんです!

ちなみに、このオゾン、古いコピー機やブラウン管でも
微量発生するって知っていましたか?

低濃度では特に問題ありませんが、
高濃度下では 人体の粘膜を酸化させ、目や喉、肺を痛めてしまいます。

火災現場のオゾン脱臭には かなりの濃度のオゾンを
発生させなければ脱臭が難しいため、上記写真のように、
脱臭作業中は発生現場は立ち入り禁止となります。

室内はオゾンが充満しているため
活性炭マスクを必ず着用します。

CIMG2250

弊社では、このオゾン脱臭作業にも、独自のノウハウと経験で、
単純にオゾンを充満させる脱臭方法ではない、脱臭屋ならではの
方法もいくつも取り入れて日々、進化させています。

例えば、オゾンの反応を促すために、マイクロゲル消臭剤を
噴霧します。

実はこれがなかなか重労働。。。

しかも一瞬で臭気が消える事はなく、何日もかけて脱臭していくのです。

・・
実は1日目終了地点で、お客様から
「臭いは無くなった、もう良いのではないか」
と、お話を頂戴しました。

しか~し!!!

そうではないんです。

染み込んだ臭気は、そう簡単には除去できません。
一瞬、除去出来たように思えても、また時間とともに
ニオイ分子が揮発して、ある瞬間から臭気を感じてしまうのです。

なので弊社は3日~2週間という期間をかけてでも、
消臭脱臭専門企業の名にかけて、
しっかり脱臭していくのです!

火災後、火事の焼き焦げ臭脱臭についても、
どうぞ弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です