におい監視システムdeomoniによる臭気調査


 人気ブログランキングへ ← クリックをお願いします。

こんにちは! 悪臭スナイパーこと中丸です!

2月~3月にかけて、臭気対策コンサルテーション臭気調査オゾン脱臭と数多くのお問合せを頂いており、ほとんど毎日現場に出ているような状況でした。
そんな中で、弊社におい監視システムdeomoni」を用いた臭気調査の事例についてご紹介させて頂きます。

とあるオフィスビルの管理会社様からのお問合せで、オフィスフロアで不定期に雑排水系臭気が発生しており、対策をするにも原因がわからないので、調査をしてほしいとのご依頼でした。

ビルには中水処理設備が導入されており、中水処理室の排気とオフィスのOA取り入れが近くにある状況で、中水処理室の排気(雑排水系臭気)がOAから逆流しているのでは?という予想がたてられていました。

まずはその予想を検証する為に、OA取り入れ口とオフィス内に、におい監視システムdeomoni」を設置し、オフィス内に漂う臭いが、中水処理室の排気由来のものなのかどうかを検証する調査から始めました。

OA取り入れ口のdeomoniと、オフィス内のdeomoniの測定データの挙動が一致すれば、予想していた通りの状況であったと立証する事ができます。
立証できれば、OA異臭対策として、活性炭狂着フィルターと言った、脱臭フィルター設置の対策をご提案できるわけです。

におい監視システムdeomoni」は、におい監視を目的としたにおいセンサーで、臭気のレベルを独自の数値として表示します。得られたデータはzigbee無線でPCに送信され、リアルタイムに臭気状況を把握する事ができ、ログもPCに保存されていきます。
100V電源さえ確保できれば、24時間365日、臭気が監視できるようになるというわけです。

今回の現場では、数日間センサーを設置させて頂き、後日データを確認する事と致しました。常に測定データを見てなくてよいというのもこのシステムのメリットです。メールによる発報システムも搭載しておりますので、実際の監視の現場では、異常な臭気が発生した場合、関係者に直ちにメールでお知らせを発信する、といったような運用も可能です。

さてさて、今回の現場での結果は

・・
・・・
じゃん!

縦軸が臭気のレベル、横軸が時間です。赤線がOA取り入れ口、青線がオフィス内のデータとなります。
一目瞭然ですが、センサーの挙動は一致しておらず、オフィス内に漂う臭気は何か別の原因があるという事が判明しました。

ここからは臭気調査の話となるので割愛をさせて頂きますが、無事、調査により別の原因を発見する事ができました。
原因は隣接するお部屋(これも存在が忘れられた箇所でしたので発見が難航しましたが…)の排水トラップの封水切れによるもので、封水をする事で解決ができました。
フィルター設置のような大掛かりな対策をする事がなく、無事に問題を解決する事ができましたので、お客様にもご満足いただけた結果となりました。

今回のように、臭気判定士の経験や鍛え抜かれた勘だけでなく、あらゆる道具を駆使して臭気調査を行い、臭気の発生原因を突き止めていくのが、弊社臭気調査の強みです。
原因不明の臭気に悩まされている読者様がおられましたら、ぜひ、弊社までお問い合わせください。

弊社へのお問合せはこちらまで!

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!

 人気ブログランキングへ

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です