ホルマリン対策最前線 その2


連休は家に引きこもっていた
臭気判定士作業環境測定士の佐藤です。

今年は家で過ごすことができましたが、
2、3年に一度は連休が仕事でつぶれているように思います。

前回に引き続き導入したホルマリン対策機器をご紹介。
前回とは別の病院です。
最初に訪問してから5年近くたっている病院ですが、
この度ようやく導入に至りました。

今回は搬入から大変でした。
原因は今回の対策機器の中で最重量のQ型プッシュプルラック
300kg近くあり、大きさもあるので移動も大変。
もちろん事前調査をして搬入ルートを確認しています。
初日はこれを入れられただけで満足しました。

写真1

設置位置に並べてみるとダクトが一部あたるところが出てきてしまった。
入念な事前調査・調整をしていても出てきてしまいます。
今回は機器同士の隙間を開けて、そこにテーブルを入れ込む事で解決しました。

写真2

その他の部分は問題なく終了。
先生方が一連の作業を左から右に流れるようにできる、というのが特徴。
この打ち合わせも何度も確認しました。

写真3

これまで対応していた新築の病院様の納品がほとんど終わりました。
来年に向けて、色々なところでのPRを始めております。

臭気調査脱臭作業は当然のこと、
病理検査室ホルマリン対策も対応します。
においでお困りでしたら弊社共生エアテクノまで!
https://www.201110.gr.jp/

 

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします! button3  人気ブログランクへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です