マグセライド脱臭材の交換


今回は、60Hzチームの3名を代表して大阪の設備系のスペシャリスト:吉田博満がお届けします。

我々3名、世間で言うアラフォー世代が深夜作業に行って参りました。体もまいりました・・

現場は、某スーパーの総菜フライヤー排気ダクト内に設置している脱臭材の交換です。

21:00入場、翌5:00完工。入場前は準備等もあり、普通に働いています。なので仮眠も当然していない状態です。

年間見ても、ここまでどっぷり深夜という現場は、弊社においては珍しいのです。

なので当然、慣れていません。

IMGP0001

入場後すぐ養生、足場の設置、店舗閉店の22:00を待って本格作業スタートです。お客様からの要望で一夜にして仕上げなければならないという状況。

気持ちは羽柴秀吉です。大袈裟でした・・

こちらのスーパーでは、長年弊社の脱臭材セラブロックをご使用いただいていたのですが、厨房排気臭対策最新鋭脱臭装置である
マグセライドに交換することになりました。

IMGP0002

まずは点検口を開け、4段でご使用いただいていたセラブロックを1段撤去、撤去したスペースにマグセライドフィルターケーシングを納め、レールを取り付ける。

これだけだと簡単そうに思えますが、実はかなり苦労をしているのです。

IMGP0006

 

図面通りに進めていくだけだと思っていたのですが、どこで食い違ったのか、元々いただいていたケーシングサイズと実際が違っていて、フィルターを小さく加工しなければいけないという緊急事態があったり、ダクト内の油汚れで、レール仮止めの両面テープが着かなかったり・・

現場にトラブルは付き物、今回の作業のトラブルすべては想定内であったため、大事には至りませんでした。

準備に余念がなかった俺(吉田)!できる男だ。

先読みができる山田!やる男だ。

動きが軽い平山!いかす男だ。

 

消臭
脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは

こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です