平昌オリンピックと職業病



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

いつも本ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。

普段、あまりテレビも見ないですし、日本という国を意識する事も少ないですが、
平昌オリンピックではつい、声をからして応援してしまうものですね。

あっという間に閉幕となってしまいましたが、日本選手の活躍、獲得したメダルには
日本国民の一人として、大いに勇気を貰えました。感謝です。

さて、このようなイベントやトレンドを見たり聞いたりしている時に、
どうしても「職業病」が発動してしまう・・そんな経験をされている
ビジネスパーソンの皆様もいらっしゃると思います。

弊社であれば当然、「消臭」や「脱臭」、「臭気調査」といった、
いわゆるニオイに関連する事が、どうしても思い描かれてしまうものです。

例えば、スキーの滑走シーンなどをみていると、スキーのブーツのニオイ。
少し厚めの靴下を履いて、雪や水分が入らないようにがっちりガードの専用靴。
そしてハードな滑走をする事で、ただでさえ汗をかきやすい足からは、
しっかりたっぷり汗をかきます。
それをそのまま放置しておけば、当然のごとく、スキーブーツの中の臭いも・・。

靴にスプレー

そんな時には、除菌と消臭効果のある、マイクロゲルスプレー
https://www.201110.gr.jp/onlineshop.html#onlineshop_details_002
サッカーやバスケ、ゴルフのあとの、それぞれのシューズの消臭対策や、
1日歩き回った革靴やブーツの消臭対策にもおすすめです。

詳しくは、弊社代表の著書
「ニオイで女性に嫌われない方法」

にも、靴や足のニオイ対策は書かれています。
これから暖かくなっていく季節に、ぜひご活用下さいね。

他にも例えば、スケートリンクという空間。
想像ですけど、氷を張っておくスケートリンクという空間は、
冬は外気も寒いからいいでしょうけど、夏場は維持するのが大変なのでは?
と思ってしまいます。

維持する為のコストを抑えるには、換気を極力せず、内部循環で空気を回す事で、
空調コストを抑制しているのかな?とイメージするのですが、
当然そうなれば、室内の空気はフレッシュエアーが入らない分、
汚れていくというか、ニオイも一緒に循環してしまうものです。

酸素クラスター除菌脱臭装置「レビオン」

そうなりますと、例えば、酸素クラスター除菌脱臭装置「レビオン」シリーズの
ダクトインタイプ「ライテイ」を、SAダクトに設置する事で、
少しでも除菌や脱臭されたクリーンエアーを給気する事が出来るようになる可能性があります。

また、100%リターンは難しいでしょうから、OA(外気)を導入するわけですが、
その「外気がクサイ!」というケースも想定されます。

大きな集客施設ですから、施設周辺にも飲食店が立ち並んだり、それらを処理する為の
ゴミ集積場や排水処理場等、臭いを発生させる施設や設備が併設される可能性があり、
そこから発生した臭気が、外気導入部分から入ってきてしまうケースです。

脱臭フィルター

このようなケースでは、外気取り入れ口に、いわゆる「脱臭フィルター
https://www.201110.gr.jp/machine/karbid.html
を設置してあげる方法も、弊社では多数の実績を有しています。

というような事がどうしても、頭の片隅をよぎりながら、
オリンピックを応援していました・・というお話でした・・。

何はともあれ、臭気対策や脱臭、消臭、臭気、悪臭に関する事でしたら、
弊社共生エアテクノまで、ぜひ、お問い合わせ下さい。

 
弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です