活性炭脱臭装置についてご紹介


いつも本ブログをご覧いただいている皆様、ありがとうございます。
今回の担当は、工場の排気臭対策をメインに行っている
臭気判定士の原田がお届けです。

今回ご紹介させて頂く事例は、室内臭気対策活性炭脱臭装置についてです。

ご相談頂きましたお客様は自転車部品を製造されている会社様でした。
工場内で発生している臭気を対策したいという内容。

臭質は自転車部品をオーブンで加熱する際に発生する焼き焦げ臭気がメインで
部品に付着した油分が加熱され、独特の焦げ臭気が発生しておりました。

最近工場を改修工事で新しい工場に生まれ変わったのですが、
工場を改修する際、においが出る工程については局所排気を設けて
工場内に臭気が飛散しないよう工事段階から設計されていたとのこと。

しかし、においが出ないとされていた工程から臭気が発生してしまっており、
今更、ダクトで外部に放出するスペースもなく困っているとのことでした。

国内外から工場見学にお客様が来客するのだが、その工程付近を通る際に
いつも、みなさん不快な顔をされ、アンケートにも「臭い」と不評な現状があり、
なんとか対策したいとご相談を受けました。

そこで活性炭脱臭装置「デオキーパー」を推奨させて頂き、
事前にどの程度の臭気が発生し、どこまで臭気を低減できるか
検証テストを実施することになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デオキーパー参考写真(実際の現場ではありません、あくまで参考写真です)

ダクト配管を行い外部に放出することが難しいことから、
脱臭装置を通過した空気を室内に戻すリターン排気方式を
とることになります。
そのため、脱臭性能の高い活性炭による対策を推奨させて頂きました。

工場内は撮影不可の為、全て文章でのご説明となってしまいますが、
活性炭デモ機を通過した臭気が95%以上脱臭することが判明いたしました。

また、活性炭の寿命測定を行うため、排気に含まれる成分分析を実施し、
活性炭の吸着性能を検証し、交換頻度を算出したところ、
1回/年の交換頻度で運用が出来る結果となりました。

排気温度が高いため、希釈空気を混合する仕様を組ませて頂き、
実機ご提案をさせて頂く予定となっております。

活性炭脱臭装置「デオキーパー」は標準ラインナップを取り揃えておりますが、
お客様の排気条件や臭気の強さに応じてカスタマイズが可能となっている製品です。

その他脱臭装置も数多く取扱いしておりますので、臭気についてお困りでしたら
一度弊社までご相談いただければ幸いです。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします! button3  人気ブログランクへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です