カテゴリー別アーカイブ: 脱臭消臭の技術開発

デオキーパー脱臭装置のラッシュ



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。
気が付けばもう12月。2019年も最終月ですね。

最近、またまたお問い合わせや実際のご注文、そして納品等がめっきり増えてまいりましたのが、デオキーパー脱臭装置です。

基本的に、脱臭素材としては活性炭を粒状等で充填したり、
フィルターケースに入れて使用しますので、
いわば、大変シンプルでわかりやすい脱臭方法の一つです。

デオキーパー(フィルターケース)

そのため、お客様や商社様からのお問い合わせも毎月、
多く頂戴しますし、弊社ホームページのデオキーパーページをご覧いただきますと、10CMM、20CMM、30CMMと3種類の基本仕様も掲載してございますので、
基本仕様で収まるお客様は、最初から「これ」とご指名いただけます。

先日のお客様のお問い合わせも、ほかの活性炭脱臭装置だと設置スペースが合わない・・という内容でした。
弊社のデオキーパー脱臭装置は、大風量でも省スペースを実現しており、
その現場でも「この大きさならOKだな」と言っていただけました。

もちろん現状に満足などしておりません。
お客様のお声、ご要望、リクエスト、アイデア等を常に営業が拾い上げ、
技術開発チームが試行錯誤を繰り返して、今もなお、変化し進化しております。

デオキーパー(施工)

最近は、タイの代理店様からも、「タイで売ります!」とタイの工場の排気臭対策やタイの工場の場内臭気環境対策に、デオキーパーをご提案していただいているようで、
これからますます、日本そしてタイにおいては、必要としていただけそうです。

今、デオキーパーとdeomoniがラッシュですので、少し落ち着きましたら、
デオキーパーもさらに進化版をお届けできるように鋭意頑張っております。
ぜひ楽しみにしていて下さい!

デオキーパー(施工)

もし、活性炭や吸着剤を使用した脱臭装置をご検討の工場様がいらっしゃいましたら、
ぜひ弊社共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
デオキーパー脱臭装置のWEBページもぜひご覧下さいませ。

 
弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

またまたデオモニ製作です!


 人気ブログランキング← クリックをお願いします。

60Hzチーム 平山です。
ようやく冬らしくなり、寒さが日に日に増してきましたが、
体調など崩されておりませんでしょうか?

寒さは厳しくなるばかりですが、弊社デオモニはまだまだ熱いようです。
デオモニ防雨ケース大量製作第2段でございます。
 

製作個数等、頭の中の覚えだけでは管理できなくなってきたので、
製作管理表を製作しました。(頭悪いだけですけど(涙))
管理表の製作個数を確認したところ…今度は30台。
実際の数字を見てしまうと、「うわーっ」と思ってしまいますね。
 

材料手配まで終えたので、いざ製作へという段階だったのですが、
肝心な防雨ケースの納期が遅れ、12月に入らないと揃わないとか…
とりあえず防雨ケースは前回に多めに頼んでいたので、納期が迫った
案件のデオモニを先に仕上げました。
それでもまだ20台ほど製作が必要なのです・・
 

Deomoni部品 Deomoni部品

 
 
残りの20台の防雨ケースは入ってこないので後回しにして、中身のベースの製作
を先行して進めていこうかと。
今回、営業チームが配線づくりをやってくれたので、あとは技術チームで
繋げるだけ。
・・・だけのはずなのですが、ここでも問題が・・・
スイッチ電源がメーカー廃番入替があって、これも遅れることに・・
ベースはすべて工作室に広げてしまったので、机の上は大惨事。
 

結局材料揃わないので完成なんてするはずがなく・・・ご覧のあり様。
 

Deomoni配線 Deomoni作業台

 
 

弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

におい監視システムDeomoni メッセナゴヤ2019 出展



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
こんにちは、

私の担当が回ってきましたよ、いつも締め切りに遅れて怒られている、チーム60hzの臭気判定士山田です。

今年も残すはあと約1か月。

一年早いですね、本当にあっという間です。

今回のテーマも、いつも通り「におい監視システムDeomoni」の話です。

先日、ポートメッセなごやで行われた「メッセナゴヤ2019」に出展させていただきました。
 
メッセナゴヤ2019
 
 
異業種交流展示会なので、大手自動車メーカーから地方自治体まで様々が業態が参加。

展示会への出席は久しぶりで、スーツを着るのも超久々です。

年始の挨拶回り以来ですね。

子供たちからは好評で、お父さんかっこいいね、どこに行くの?って聞かれる始末。

奥さんも惚れ直したと言ったとか言わないとか・・・。
 
展示会でのスーツ姿
 
 
本題です。

協力会社様のブースへ、におい監視システムDeomoniと風向風速制御システムを展示させてもらいました。

非常に来客数も多く、においについての相談も多々ありました。

オープン前のバタバタしてる時の写真しかなくてすいませんが、こんな感じです。
 
メッセナゴヤ2019ブース
 
右のほうにみえるのが、におい監視システムDeomoniと風向風速制御。

においは鼻では感じますが、目に見えません。におい監視システムDeomoniは、においの視覚化、モニタリングとして有効です。

風向風速計を接続することで、どこから臭気が流れてくるかも確認出来ます。

電光掲示盤・パトランプ・pcブザー・メール送信(インターネット環境がある場合)も選択できるので、いつ臭気が発生したかを確認することが可能です。

臭気の監視に興味のある事業主様、デモ機もありますのでお気軽にお声かけください。

日本全国、タイランドまで行きますよ。

 
弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

日本及びタイの工場の臭気対策あれこれ



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。
共生エアテクノの取締役、吉田が今回の担当です。

今、弊社では、技術開発チームを中心に、有機溶剤臭の対策
湿式脱臭でやれるかどうか、鋭意取り組んでおります。

本来、VOC臭気というのは、水溶性ではないという事もあり、
スクラバーやスプレー噴霧システムといった、水や消臭剤での
脱臭・消臭対策は、高い脱臭効果を発揮するのが難しいところでした。

もちろん、今までトライしてきた中で、高効率接触のインジェクションスクラバー
消臭剤としての酸化機能水の組み合わせでは、一定の脱臭効率を発揮しますし、
費用対効果で、そこまで高い脱臭効果を必要としていない場合は、
スプレー噴霧やデオミスト型の消臭方法でも、対応する事は可能でした。

しかしそれで満足してしまっていては、「クサイに挑むプロフェッショナル」失格です。
常に新たなる方式や、より良い脱臭方法を勘案し、開発し、実験し、発売していく事。
それがお客様やマーケットに支持され、「これはいいね!」と言っていただければ、
弊社の存在価値を認めていただけるという事です。

先日、一酸化炭素のCO濃度を削減するシステムを完成させたのもその一つですが、
その、OSR機能水を、有機溶剤系の臭気への消臭剤として利用する方法も
完成が近づいてきております。

例えば、既存のスクラバーが思ったような脱臭効果を発揮していない工場様であれば、
この、OSR機能水を投入してみる事で、脱臭効果がアップする可能性が高いと思います。

もちろんスクラバーの中身を改造するのは簡単ではないので、本来であれば
インジェクションスクラバーハイブリッドスクラバーを新設いただき、
そこにOSR機能水酸化機能水といった、デオドプロシリーズをマッチングさせれば
よりしっかりと脱臭効果を発揮させられるでしょう。

しかし費用面や設置スペース、工程等、いろいろな問題が多くあるでしょうから、
まずは周辺への悪臭飛散を少しでも減らせるかトライしてみたい!

というケースでは、OSR機能水を消臭剤として投入していただく方法も
弊社では対応していけるように準備を進めております。

もし、日本の工場及びタイの工場で、悪臭苦情を解決したい!ですとか、
排気臭の脱臭対策を検討中ですとか、自工場の臭気を把握したい等、
臭気対策に関するご検討事項等ございましたら、まずは弊社共生エアテクノまでお気軽にお問合せ下さい。

脱臭装置 脱臭装置

 
弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

スクラバー脱臭装置消臭剤添加による効果について



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

  
いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、臭気判定士の原田が担当です。

今回は既存スクラバー脱臭装置消臭剤添加による効果について
ご紹介させて頂きます。

弊社では、対象臭気に合わせて様々な消臭剤を取り揃えており、
各工場様より発生する臭気に対して都度最適な消臭剤を選定しております。

某化学工場様より、新たな化学物質を合成し、製品化する際に発生する臭気に対して有効な方法がないかご相談を頂戴しました。

弊社内でも聞いたことのない、過去に臭気を嗅いだことのない臭気であったので、
どのような特性、臭質なのかが不明な状態でした。

現在は水スクラバーで排気処理を行っているが、敷地内の事務所からクレームが出るほどの臭気が発生し、困っているとのことでした。

脱臭装置に対する新たな予算も取れないため、既存スクラバーを有効利用した脱臭方法をご希望頂きましたので、まずは「消臭剤の選定テスト」を実施しました。

本テストは、対象臭気と消臭剤を99.99%接触させて、効果を検証するテーブルテストとなり、
様々な消臭剤を通過させて一番効果の高い消臭剤を選定するテストとなります。

そもそも、消臭剤が対象臭気に対して効果があるのかを事前に確認しておく必要があり、
効果のない消臭剤をスクラバーに投入するといった無駄な時間、費用の発生を抑えるために必要なテストとなります。

対象臭気があれば、弊社オフィス内でも実施が可能ですが、今回はどのような施設からどのような臭気が発生するかを確認するために現地訪問をさせて頂き、テストを行わせて頂きました。
 
 
消臭剤接触装置概要
 
 
5種類ほどの消臭剤をテストし、効果の体感を実施し、最適な消臭剤がどの消臭剤であるかを比較することができました。

最適な消臭剤が選定できた後、次回は実際に既存スクラバーへ消臭剤を投入し、効果の検証を実施することとなりました。

過去に臭気測定を実施したことがないとのことでしたので、スクラバー通過前、通過後の臭気を採取し、三点比較式臭袋法により臭気濃度(臭気指数)を算出しました。
 
 
臭気判定士
 
 
測定を行いました結果、原臭臭気濃度が1,000,000を超える高濃度臭気であることが判明し、
仮にスクラバーで90%の脱臭を行っても、臭気濃度100,000が残る臭気が発生していることを確認致しました。

結果としては、高濃度臭気のため、既存スクラバーの改良だけでは目標とする脱臭効果を得ることができないため、その他脱臭方式を見直す必要がある結果となりました。

今回のテストでは、消臭剤だけでは対策をすることが困難な結果となりましたが、事前に本テストを実施することで対策目標を達成することが出来るか検証することが可能です。

本結果をもとに、新製品の製造に伴い脱臭装置の予算案の見直しを実施するために社内で検討することとなったとのご報告を頂戴しました。

ご要望にお答えできる結果とはなりませんでしたが、臭気測定を行い、臭気を数値化し、
目標をクリアできるか検討を行い、弊社では様々な脱臭装置のご提案が可能となりますので臭気対策でお困りの際は、弊社へご相談頂けますと幸いです。

 
弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★