乾燥します。火の用心。



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

いつも本ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。
病理検査室のホルマリン対策をメインに行っている
臭気判定士・作業環境測定士の佐藤です。

すでに乾燥しやすい時期に入りました。
こういう時は火災の問い合わせが多くあります。
火事の時の脱臭オゾン脱臭ですが、今回は下処理のスス除去作業をご紹介。

火災現場ではいかに下処理としてススを落とせるかがポイントです。
基本は削ります。
火災後のスス除去

建材の材質によってはなかなか削れない場所があるので、
そういう時は薬剤を使います。
火災後のスス洗浄

薬剤を使った後、材質ごとに使う道具を分けてふき取ります。
火災後のスス洗浄

大きな現場では以前紹介したような高圧洗浄を使用しますが、
こういった細かいところの作業も重要です。
仕上げにオゾン脱臭を行って完了。

臭気調査脱臭作業カビ対策はもちろん、
病理検査室のホルマリン対策でお困りでしたら、
ぜひ弊社共生エアテクノまで!
https://www.201110.gr.jp/

 

弊社への共生エアテクノへのお問い合わせはこちらから御願いします。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です