これからの季節、火事にご注意を


 
いつも本ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。
今回の担当は、病理検査室のホルマリン対策をメインに行っている
臭気判定士の佐藤がお届けします。

この時期、乾燥がひどくなってきます。
そして多くなるのが火事です。
今回は火事の現場の脱臭の一部をご紹介。

現場はとある建物。火事があったのは2月。
建物の中は煤(スス)だらけでした。
まずは煤取りからスタートします。
そのための機械がこちら。

高圧洗浄機 業務用でかなりのパワー

高圧洗浄機 業務用でかなりのパワー

見てもわかりませんが、水をとても勢いよく出す機械です。
高圧洗浄機、しかも業務用でかなりのパワー。
これを使い、室内の壁・天井についている煤を落としていきます。
まずは天井の鉄板についた汚れ。

室内の壁・天井についている煤を落とします

室内の壁・天井についている煤を落とします

当然カッパを着て作業します。
跳ね返る水しぶきの中、数分かけてきれいにしたのがこちら。

煤のついている箇所すべてを洗浄

煤のついている箇所すべてを洗浄

真っ白に戻るわけではありませんが、かなりきれいに落ちてませんか?
これを煤のついている箇所すべてで行うので、作業は数日間にわたります。
煤が取れれば、次の脱臭の作業に移れるのです。
脱臭作業はご存知、オゾンを使った脱臭作業。
これについてはまたいずれ。

臭気調査脱臭作業カビ対策はもちろん、
ホルマリン対策でお困りでしたら、
ぜひ弊社共生エアテクノまで!
https://www.201110.gr.jp/

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です