タイランド向け脱臭設備納入


 
こんにちは!
名刺に「タイ担当」とされている、チーム60Hzの臭気対策コンサルタント 平山がお届けします。
会社には、「海外担当」とか「東南アジア担当」とか、もう少し格好いい名前に
してほしいなとリクエストしているんですが(笑)。

今回は、タイランド、アマタナコン工業団地の某工場様に
納めさせていただきました脱臭装置のお話です。

まずタイランドでは、日本のような悪臭防止法というものが整備されておりませんので、、
どの程度までの脱臭をしたらよいのか?という点が最初に問題となります。
今のところ、日本国内で多く採用されている規制、敷地境界線で臭気指数10(※)を基準としてご提案させていただいております。

近年中には、タイランドでもにおいは法制化されるようです。
日本の基準に準ずる形になっていくようですが、各工業団地内で聞く話によると
排出口基準で臭気濃度1000(※)、敷地境界線で臭気濃度15がスタンダードになるようです。
タイに進出されている日本の現地法人・工場で、タイの臭気対策や脱臭装置のご相談
弊社までお気軽にお寄せ下さい。

・・と、話が逸れていってしまうので、本題に戻します。

某工場様にご提案させていただいた脱臭設備は、弊社が誇るスクラバーである
「ハイブリッドスクラバー」のデオミスト-D型 ThaiVer.です。

脱臭装置デオミストの設置工事は12月の施工でしたが、タイは地獄のような暑さでした。
駐在の日本人担当者様が言うには、「この時期、もう少し涼しいくらいだけど・・」とのこと。
でも実際、体感温度は38度~40℃くらい。。。

タイ現地の職人さんでも、「暑くて仕事にならない。」とタイ語で言っていた。
(と思う。。。タイ語知らないけど)
とっ、とにかく、それほどの暑さでした。

あとタイでは、職人さんが朝に来る、来ないということも問題となることがあって
なかなかスケジュール通りには進まないことが多いのですが、
当現場に限っては、脱臭設備の工事進捗についても、何の問題も起こることなく順調でした?
順調だった方でした。

完成後、脱臭性能検査として臭気測定を実施させていただきましたが、
脱臭効率で80%、
原臭臭気濃度1600(臭気指数32)が、
排出口で臭気濃度320(臭気指数25)としっかり脱臭効果を発揮しております。

排気ダクトの途中に接触BOXを設置

排気ダクトの途中に接触BOXを設置

コントロールパネル

コントロールパネル

大容量霧化消臭剤噴霧ノズル

大容量霧化消臭剤噴霧ノズル

「ハイブリッドスクラバー」デオミスト-D型 ThaiVer.

「ハイブリッドスクラバー」デオミスト-D型 ThaiVer.

 
※臭気指数/臭気濃度(におい辞典「さ」行→)

においでお困りでしたら、一度弊社までご相談いただければ幸いです。
ご相談は共生エアテクノメールフォームをご利用ください。

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です