機械油を含む廃水の水質浄化と臭気対策について


みなさんこんにちは。

最古参の臭気判定士にして楽天男の佐々木です。

今日は機械油を含む廃水の水質浄化と臭気対策です。

 

 

タイでの自動車関連工場の廃水で、廃水中に機械油を含んでおり、
例えるならワキガ様臭気が周辺に漂っております。


専門的ですと
COD6000mg/L以上、BOD1500mg/L以上、
Ph5.0台と酸性に傾いており、処理をするにも非常に難しい廃水です。


しかしこのままでは、周囲の工場にも迷惑をかけるし、
いずれは問題となるおそれもあり、今後の事も考えて、
廃水処理対策の実機設計前テストに踏み切っていただきました。


2013060709580000

 

<写真↑ 最初は泡が出ましたが落ち着きました>

テストは、弊社の扱う高効率散気管アクアブラスター」を利用しておこないました。

廃水をポリドラムに80L程採水し、アクアブラスターを稼働させての実験です。

最初は泡がよく出ましたが、そのうち落ち着いてきました。


デモ機現地に持ち込み、
24時間後、48時間後とサンプリング採水し、
第三者機関に分析を依頼しました。


そうしたところ、
CODBODも半分以下の値となり、
Ph
もほほ中性となり、先方の廃水基準にだいぶちかずくことに成功しました!!

2013060710050000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です