韓国 化学工場で活性炭脱臭装置をテスト


西日本担当責任者の山田大介がお送りします。

韓国の釜山空港から車で約1.5時間ほどの距離にある某化学工場の製造工程の排気臭対策です。

韓国にも日本の様な悪臭防止法があり(日本より厳しいようだ)、1ヶ月に1度くらいは調査に来るようで、その規制値を超えている為、行政より指導を受け解決すべくご相談を頂きました。

1月に臭気測定及び活性炭ラボテストなどを実施済みですが、今回は、スクラバー&活性炭装置による脱臭効果確認テストを実施しました。

IMG_0236

テスト装置の概要は、製造工程の排気口⇒希釈口付スクラバー⇒送風機⇒活性炭装置⇒排気、となります。総風量:3.6CMM、消臭剤:マイクロゲル消臭剤S-VE(1000倍希釈)、給水:0.5ℓ/m、活性炭充填量:50kgなどが仕様です。

現地の技術者の方は有能で手際が良く、温度計をつなぐ取付口も30分くらいでSUSを加工し、クレーンはすぐに借りてきて設置するなど一致団結も凄いです。但し、設備は古い箇所が多々ありますが・・・。

雑感ですが、釜山を含む韓国南部エリアは今年万博が開かれる都市もあるので活気があり、宿泊した海雲台エリアも夏は海水浴客が多く、リゾート開発が進んでいます。夏に来れば楽しいかもしれません。また、ハングル文字は難しいです。母音と子音での組み合わせなので覚えてしまえば読めると言われるが、さっぱり分らない。英語表記があるところは中高で学んだ受験英語を駆使してかろうじて理解可能?宿泊エリアでは少女時代のメンバーのような子は見かけませんでした。たまたまなのか、ソウルまで行かないと会えないのか、どこにいるのか、本当にいるのか?

夕食に、アヒル肉の料理をごちそうになりました。意外と美味しく食べれましたし、最後にご飯を混ぜて作るビビンバが絶品でした。工場長さんも、チームリーダーさんも、飲む食べる、飲む食べるで、お酒が大好きな幹部さんたちでした。

IMG_0244

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です