消臭剤の選定一つでも、しっかり対応します


消臭脱臭専門企業、共生エアテクノの笹崎です。
最近は脱臭装置のメンテナンス業務と、脱臭作業の技術員として
汗だくになって現場対応している日々です。

先日は、久々に、工場排気対策
マイクロゲル消臭剤マッチングテストを行って参りました。

今回の現場は塗装臭気の対策
前回も紹介しましたが、火災臭、溶剤臭、腐敗臭…等々、
臭気も様々ですので、現場の状態に合わせた消臭剤を
選定していく必要があります。

CIMG3740

まずは排気口から臭気を採取。
三点比較式臭袋法という測定方法により、
臭気指数、臭気濃度を求めます。

CIMG3741

そしていよいよ消臭剤の選定です!

こちらを使用し、希釈させた消臭剤と採取した臭気を接触させます
003

今回は塗装臭気ということなので、トルエン、キシレン、ベンゼン、酢酸エチル等の
臭気に有効なマイクロゲルS-VEを試してみました。

……臭気は軽減しましたが、まだ残っている様子。
フェノール臭と思われる臭気がするので、
今度はマイクロゲルC-TKを試してみました。

今度はS-VEより臭気がとれています。
最適なものを選ぶには、複数の薬剤で比較選定する必要があります。

実際に現場に行かなければ、状況把握や最適な脱臭の御提案ができません。
工場臭気でお困りの方は、是非電話・メールでお問い合わせ
https://www.201110.gr.jp/mail_inquiry.html
下さい。

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です