カテゴリー別アーカイブ: 新発見

技術開発課の「新ろ材、溶剤用消臭剤試験」



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

こんにちは
チーム60Hzの平山です。

今回は、弊社技術開発課でおこなっている新商品開発で、
「こんなことしてます」の一部だけですが、新ろ材のテストと
溶剤用消臭剤のテストをご紹介します。

まずはいろいろ多岐にわたる脱臭用として考えている新ろ材テストから。

脱臭テスト機

お手頃な価格でご提供できそうなものだったので、期待しておりましたが、
残念ながら結果が伴わず撃沈。
仕様を変更するなどして、いろいろと試しましたが、
結果が出ないので、単体としての使用は無理と判断。
第2段を考える必要ありです。

今回は炭火焼、フライヤ―で試しました。

脱臭テスト機

テストで使用したお肉や揚げ物は、おいしくいただきました。
一発でろ材効果が確認できれば、いいテストだったと言えるのですが、
今回は、ただのバーベキュー大会?みたいな感じになってしまい、
参加メンバーの全員が40歳代なので、終了後の胸やけ、胃もたれは
著しく、結果が出なかったという悩ましさに、プラスアルファで
苦しんでおりました。

しかし、チャレンジなきところには成功も失敗もない。
常に新しい事にトライしていかなくては、衰退していくだけですからね。
日々是開発のベンチャー魂あるのみです!

続きまして、
溶剤用消臭剤試験風景のご紹介です。

脱臭テスト機

お客様にもご協力いただき、溶剤臭気を集めて試験をおこなっております。
「写真は何をしてるの?」って感じの、地味な写真ですが、
こんなでも、消臭剤の試験をやっているんです。

単純なことですが、原臭(溶剤臭気)をポンプで引き込み、その中間に
消臭剤を投入した水槽を介して、出口の臭気を確認します。
こちらは、近いうちに正式にご紹介することができるかもしれません。
社内でも何回かテストを重ね、効果ありを確認しております。

この溶剤用消臭剤を使用する設備としてご提案させていただける
脱臭装置の仕様も、技術開発部長により固まってきておりますので、
もう発表も近いんじゃないかな…?なんて、勝手に思ってます。
あくまでも、勝手に思っているだけですよ。

書いているうちに、何の紹介?という感じの内容になってしまいましたが、
今回は、バーべキュー大会と溶剤用消臭剤開発を…???
違う!!
「厨房排気用消臭ろ材開発」と「溶剤用消臭剤開発」のご紹介でした。

 

会社バナー ← クリックいただくと弊社のオフィシャルサイトへ行きます
弊社 脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノ へのお問合せはこちら

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コイン入れてオゾン脱臭


おかげさまでここの所、毎日忙しい日々を送っております。
チーム60Hz 今年本厄の平山がお届けします。
何も起こらないといいですけど…

某工場様の脱臭設備工事で、九州に来ております。
スタンドで給油していると、こんなもの見つけました。

DSC_0065

普段あまり気にしていないので、気づくことはないのですが、
長距離ドライブで三半規管が弱っていたのか、足元がふらっ…
(歳のせいでしょうかね(><))
その際、たまたま寄りかかったのがこの子です。

キャプチャ

今どきときたら、ガソリンスタンドでも車内を手軽にオゾン脱臭できる
時代になっていたのですね。
知ってました?
それだけ一般に脱臭消臭ということに関心が向きてきたということでしょうか。
弊社でもオゾン脱臭工事をご提案させていただいておりますが、
新たな商売敵の登場に危機感を覚えております。(大袈裟ですいません)

どのような感じのものか、試してみようと思いましたが
「効果は分かってるし、いいんじゃねぇ」
てな感じで、300円をケチった小さな男がお届けしました。

どうにも締まらない感じですいません。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします! button3  人気ブログランクへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

 

ジオスミンの研究


こんにちは! 悪臭スナイパーこと中丸です。

1月に入り寒い日が続きますね。このところ関東地方は雨が続き、例年よりも多いような?気もします。
雨と言えば面白い記事がありましたので、ご紹介します。

雨の降ったあとの独特の臭い(ジオスミン)がどのように土中から放出されるのか?という研究です。
http://gigazine.net/news/20150121-rain-smell-mechanism/

研究結果を要約すると、雨粒が地表に到達した際に土中の物質を大気中に分散させるが、その過程をハイスピードカメラで撮影する事で、その過程が判明したよ!という事です。

話は変わりますが、

弊社で行っているオゾン脱臭作業において、オゾンの燻蒸や、換気、消臭剤酸化機能水の薬剤噴霧を繰り返し行い、臭気を低減させていきます。

CIMG9708
オゾン発生機によるオゾン燻蒸

CIMG9664
※換気作業

CIMG9707
※薬剤噴霧作業

脱臭作業中に気が付くのですが、ALC・石膏ボード・耐火被覆等の建材表面に薬剤噴霧を行うと、薬剤がかかった所からクサイ臭いが出てきます。
なぜだ?この臭いが抜けない限り脱臭作業は終わらない(汗)!検収に間に合うか!?
というのがオゾン脱臭作業のスリリングな所です。

研究に話を戻しますと、

この研究からわかる事は、薬剤を建材表面に噴霧する事で建材に染み込んだ臭いを大気中に放出させる事ができているという事です。

一般のご家庭で発生する生活臭くらいであれば、水でも十分ですが、弊社が行う火災後の脱臭倉庫の脱臭等では、マイクロゲルの対象臭気専用の薬剤をセレクトしたり、弊社独自の技術である酸化機能水を用いて、対策を行っていく事で、臭気を低減させていく事が出来ます。

どれくらいのオゾン量を投入するか、そしてサイクルや日数をどうするか、さらには脱臭効果の診断等は、すべて弊社独自のノウハウにより弊社の経験豊富な臭気判定士や臭気対策コンサルタントが管理を行う事により、脱臭作業の責任施工を行っております。

倉庫の臭い、火災後の住宅の臭い等、脱臭でお困りでしたら、是非、弊社に御問合わせをお願い致します!

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします! button3  人気ブログランクへ

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★