臭気の拡散シミュレーションから工場の排気臭対策を!


いつも大変お世話になっております。
消臭脱臭専門会社、共生エアテクノの
開発・技術部長、吉田です。

なぜ弊社のような、小さなベンチャー企業が、
上場クラスの工場様や、タイ、韓国といった海外工場の
臭気対策まで行い、信頼を得られるのか・・。

その秘訣の一つにあるのが、
臭気対策コンサルテーションです。

ある工場の排気臭が近隣住民さんや近隣施設さんから
臭気苦情になってしまっていた場合。

とりあえず脱臭装置を付けておけ!というのは、
絶対やっちゃだめ、おすすめできない方法です。

それから、「この装置を付けておけば大丈夫ですよ」
という脱臭業者も怪しんだ方がいいです。
例えば活性炭しかやっていない脱臭業者は、活性炭しか勧めません。
光触媒しかやっていない消臭業者は、光触媒しか提案出来ません。

弊社の場合はまず、コンサルテーションと脱臭デモテストで
ご納得いただける現状把握とゴール設定を行います。

P3120001

臭気対策のコンサルタントが数名(もちろん臭気判定士も)いきまして、
数日にわたっての念入りな調査を行います。
状況によってはそのまま脱臭フィールドテストも行いまして、
コンサル結果の報告会を実施させていただきます。

P3130044

報告会では、臭気をゼロにしようとか、必要以上の対策をしようといった
意味不明な提案をする会ではありません。
工場の排気臭がどこまで拡散していて、どうやったら目的(臭気苦情)を
クリア(苦情なし)出来るかを、お客様と摺り合わせていく作業です。

P3130026

脱臭装置の前と後。つまり、原臭と脱臭後の臭気測定は
三点比較式臭袋法で行います。臭気濃度(臭気指数)を算出し、
排気口で臭気濃度(臭気指数)を幾つまで脱臭してあげれば、
拡散シミュレーション上、問題をクリアできるかが重要です。
それを机上だけではなく、実際に鼻で嗅いでもみる。

これが弊社の臭気対策コンサルテーションです。
日本だけではなく、最近は東南アジアの工場様からも、
ぜひこのコンサルだけでも受けておきたいというお声を
多く頂戴するようになりました。

弊社の消臭対策や、排水処理対策は、
タイを中心にアジア各国にも広がっています。
http://www.201110.gr.jp/asia.html
その思いは↑をご覧下さい。

かくゆう私も、開発技術チームの平山とともに、
夏頃には韓国は釜山の某工場に、
スクラバー脱臭装置を設置しにいく事になりそう・・。

夏頃、このブログはきっと、タイ担当の営業部長:佐々木の
「サワディーカップ」に対抗し、
「カムサハムニダ」で書き出しがされる事でしょう。。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!
  
人気ブログランキングへ

 

消臭脱臭専門会社<業務用産業用>株式会社共生エアテクノの公式サイトは
こちら→ http://www.201110.gr.jp/  です!

また、工場の臭気対策(排気臭・水処理・施設内臭気)の専門公式サイトは
こちら→ http://www.factory-nioi.com/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは
こちら→
http://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です