ビジネスパートナー様、祝60回記念大会ゴルフコンペ



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

   
いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、取締役の吉田が担当です。

弊社がメーカーとなって開発から設計、製造や販売を行っている脱臭装置
活性炭を用いたデオキーパーや、消臭剤を用いたインジェクションスクラバーなどは弊社が自社工場を有しておりませんので、協力業者様とのパートナーシップが大切です。

その中でも、特に大切なビジネスパートナー様で、長く一緒に歩んでいただいている会社様の1つが、ゴルフコンペを開催されまして、弊社代表とともに参加しました。

もともと空調業界という分野において、弊社が代理店として取り扱う脱臭装置も数多く、販売していただいていることもあり、仕入先としても販売先としても強固なタッグを組ませていただいておりますが、ゴルフの腕だけはとてもとても・・。

年に2回、定期開催されているゴルフコンペは、今回でなんと、第60回大会。
開催された場所が、関西の名門「よみうりカントリークラブ」です。
 
    
よみうりカントリークラブ
  
普段、弊社はゴルフをあまりやりませんし、そこまで熱心でもなければ興味もなく、
このようなお仕事のお付き合い、特にタイの工場の臭気対策を実施する上では、
欠かせない親睦手段の1つとなっておりますので、嗜む程度でやっております。
弊社代表は「ゴルフやめたい」と叫んでおりますが辞めさせません(笑))

このコンペの日は、実に11組がエントリー。イン・アウト同時スタートでした。
  
  
ゴルフコンペ
  
TOPスタートとのことで、ゴルフ場に到着したときにはまだ日の出前。
スタート前、レストランで親睦しているときに、ようやく美しいサンライズ。
  
  
よみうりカントリークラブ サンライズ
  
少し雨、あるいはかなり寒いという天気予報だったので、防寒対策万全でしたが、
結果的に、雨は降らず、かなり暖かい気温に恵まれました。
つまり、最高のゴルフ日和だったのです。・・スコア以外は・・。

弊社役員2名は、「ゴルフは親睦と運動」と定めております。
基本、仕事の関係がなければラウンドもしませんので、
脱臭装置臭気対策臭気調査など、お仕事で絡みのある皆様。
  
  
ゴルフコンペ
  
我々は下手です(笑)。しかし、迷惑をかけない程度ではラウンドできます。
ゴルフガチ勢の皆様とラウンドするのは遠慮申し上げますが、
それ以外で、楽しくラウンドできればいい、という場合はぜひ、
ゴルフのお誘いお待ちしております。
  
  
  
☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

フロアで不定期に発生する汚水臭



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

   
こんにちは、悪臭スナイパーの中丸です。
  
引き続き読書の秋です。前回ブログに引き続きですが、塩野七生さんの「海の都の物語」を読んでました。「レパントの海戦」は、スペイン&ヴェネツィアの連合軍とオスマン帝国の一大海戦のお話ですが、理系専攻の私からすると、大国であろうスペインと肩を並べるヴェネツィアって何ぞ・・・となるわけです。
文庫本を読むと、最後のページは出版社おすすめの小説紹介がでてくると思います。そこで見かけたのがヴェネツィア共和国の興隆と衰亡までをまとめた「海の都の物語」です。あらすじとかはamazonで・・・。秋の夜長にピッタリなお話ですので、手にとってみてください。
  

   
さてさて、今回は臭気調査のお話です。
飲食店で不定期に異臭が発生してお客さんが帰ってしまう、オフィスビルで悪臭が発生して仕事にならない等々、どこからともなく悪臭が発生して、不定期に臭いが発生するので、原因が特定できない・・・という臭気問題について、弊社では異臭発生源の特定調査(=臭気調査)を行っております。

今回は、オフィスビルの管理会社様からお問い合わせを頂きました、フロアで不定期に発生する汚水臭について、お問い合わせから調査、その後の対応までの流れをご紹介したいと思います。

① お問い合わせ
管理会社様から「オフィスビルの1フロアで汚水臭が発生しており、原因が特定できないので調査を検討している」とのお問い合わせをお電話にて頂きました。お話をお伺いしながら、調査方法のご説明をさせていただきました。
調査を実施したいとの事でしたので、「メールでのお問い合わせ」にお客様の情報をご入力いただき、メールで図面や見積等の書類関係のやり取りを進めていきました。
  

  
② 現場お打ち合わせ
現場に訪問して臭気を確認する事で、異臭の発生場所・原因が予測できてしまうケースもあり、現場訪問=臭気調査となってしまう事から、調査前の現場確認は実施しておりません。しかしながら、テナント様やオーナー様と調整が必要等の理由により、現場でのお打ち合わせを実施する事もございますので、必要に応じてご相談ください。
今回のケースでは、現場にて管理会社様とお打ち合わせさせていただき、調査方法の詳細説明や、臭気発生状況のヒアリングを実施し、調査実施に向け調整を行いました。
週明けの早朝が一番臭気が発生しやすいとの事でしたので、弊社からいくつか調査候補日を提示させていただき、調査日を決定しました。

③ 調査当日
さて調査当日です。現場に訪問すると、事前の情報通り、オフィスフロアで汚水系の臭気が漂っている事を確認致しました。臭気が強いところを辿っていくと、オフィスフロアに隣接するトイレにたどり着きました。トイレ内洗面台、大便器周辺、天井裏と確認していくと、天井裏で最も臭気が強い事がわかりました。
汚水系臭気の場合、汚水配管系統からの臭気漏洩が疑われます。天井裏を確認すると、上階からの汚水配管がPS内に落ちてきているが確認でき、汚水配管を目視で確認してみると、腐食により穴が開いてしまっている事が確認できました。PS内に潜り込み、該当する配管に鼻を近づけると、強烈な汚水臭が確認できました。
  

  
平日は空調が動いているので、PS内で漏洩した臭気は、トイレ内の換気扇から外部へ排出されていたようですが、休日になると空調が停止し、臭気がオフィスエリアにまで漏洩してしまうので、週明けの早朝が一番臭気が発生するという状況になっていたという事がわかりました。

④ 報告書
調査結果を報告書にまとめ、修繕を担当する工事業者様へ共有していただきました。報告書には、臭気発生原因と解決(修繕)方法のご提案をまとめております。弊社では修繕工事はできませんが、報告書を修繕を担当する工事業者様が報告書を見ていただければ、対策方法がわかるよう、記載をさせていただいております。
不明な部分があれば、工事業者様と直接やり取りを行い、ご説明させていただく事も対応しております。

⑤ 結果ご報告
修繕後、臭気の再発生がないかどうか、一定期間様子を見ていただきました。修繕後にピタッと臭気の発生がおさまったとの事でしたので、無事に解決となりました。

このような流れでお問い合わせから解決までの臭気調査は進んでいきます。現場状況や調査の進み具合にもよりますが、ご相談をいただき、調査を実施してから、早い場合は調査当日に原因箇所の特定・修繕が終わってしまう事もございますが、おおむね1~2か月以内に臭気問題の解決が図れると思います。

異臭の不定期発生にお困りの方は、ぜひ弊社にお問い合わせいただければと思います。

  

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

新工場建設時の事前臭気対策相談



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

   
いつも本ブログをご覧いただいている皆様、お世話になります。臭気判定士の原田です。
今回は新工場建設時の事前臭気対策相談についてご紹介致します。

弊社臭気対策専門会社として20年目となり、創業当初から臭気対策をメイン業務として取り組んできました。

過去の事例では、工場から発生した臭気が周辺住民様、周辺工場から臭気苦情が発生したため、対策を行いたいという内容が多くございました。

ここ最近では臭気発生することは把握されており、苦情が出る前に事前に対策を行いたいという企業様が非常に増えてきていると感じております。

今回ご紹介する内容についても、事前に臭気対策を検討したいという企業様からの相談内容となっております。

依頼者様は香料を製造される企業様で、現在は山奥の工業団地内で操業されており、
現時点では臭気苦情などもなく臭気対策は一切していない状況となります。

香料の増産に伴い、現在の工場では手狭になったことから他県に移り、大きな新工場を建設予定をされておりました。

新しい建設予定地の付近に、住宅、小学校があるため、工場から発生する臭気が周辺に影響を与えないよう設計段階から対策を行いたいと相談を頂戴しました。

建設予定地の周辺状況、工場内臭気発生個所、屋外排気系統数などを確認し、
まずは既存工場の臭気発生レベルを把握することから開始するようご提案させて頂きました。

今まで臭気苦情とは無縁だったため、過去に臭気測定を行った実績がなく、
排気口からどのくらいの臭気が発生し、工場から何m先まで臭気が飛散しているかなど把握できていない状況でした。

弊社ではまず臭気対策コンサルテーションを実施し、工場から発生する臭気の状況を把握することを推奨しております。

実際に既存工場で臭気対策コンサルテーションを実施すると、周辺800mまで臭気が飛散していることが確認でき、新工場を建設した場合、周辺住民様、小学校へ強い臭気が到達することが判明しました。

新工場の敷地境界線で臭気規制の規制値以下を達成するには排気口から発生する臭気を90%以上脱臭する必要があることが判明しました。

この結果を受けて、新工場建設時に脱臭装置の設置を検討することになりましたが、どのような脱臭装置が適切か相談を頂戴し、排気風量、稼働時間、臭気の質、臭気の強さから活性炭による臭気対策をご提案させて頂きました。

その他脱臭装置のご案内も可能となりましたが、お客様のご希望など加味して活性炭での臭気対策を検討することになりました。

弊社では活性炭脱臭装置としてデオキーパー脱臭装置を設計製作しております。
デオキーパー脱臭装置は複数ラインナップがあるため、様々な状況に応じて最適な機器を選定しております。

デオキーパー脱臭装置の紹介

デオキーパー脱臭装置は小型のテスト機がございますので、実際の排気臭気に対して各ラインナップの条件で臭気を通過させることでどの程度臭気が低減するか検証することが可能となっております。

脱臭機テスト

本件でのテスト結果では、一番小型の条件でも臭気がしっかりと除去できたため、
フィルター式デオキーパー脱臭装置を設置することになりました。

現在新工場設計段階となるため、デオキーパー脱臭装置も建設時に取り付けて頂けるよう工事業者様との打ち合わせも実施させていただきました。

脱臭装置設置後の周辺への影響は敷地境界線の外で無臭レベルになる結果となったため、
活性炭を定期的に交換し、効果を維持していただくことになります。

実際に運用段階となった場合は再度臭気測定を実施し、活性炭の交換頻度を見極める作業を実施予定となっております。

今回のように臭気苦情が起こる前に自社工場の臭気発生状況を把握し、場合によって対策を実施されることは企業イメージとしても、実際に周辺に住まわれている住民様にとっても非常に大切なこととなります。

まだ過去に臭気測定を実施したことがない、どのような脱臭装置が必要かわからないなど臭気対策でお悩みでしたら一度弊社までご相談頂けますと幸いです。

  

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

臭気調査だけではなく、臭気判定もしています



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

   
いつも本ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。
病理検査室のホルマリン対策をメインに行っている、
臭気判定士・作業環境測定士の佐藤です。

弊社に一番多い問い合わせは「どこからか悪臭がしてくる」というもの。
ただ、最近増えてきているのが「原因はわかっているけど、どの程度の悪臭か評価してほしい」というものです。
今回はこちらの事例を紹介。

とある集合住宅の1室。
ペットを飼っていたのでリフォームして退去する予定だけど、どこまでリフォームするべきかを判定してほしいというもの。

全ての部屋のすべての床や壁を臭気判定士2名で嗅ぎまわりました。
ペットを飼っていた場合、一番強いのは糞尿の臭気。
特に床を嗅ぎまわります。
  
臭気判定士による臭気調査
  
  
何の変哲もない床ですが、ところどころで強い臭気を感じます。
見た目ではわかりませんね。
  
床面の臭気調査
  
    
関係ないとは思いつつ、念のため天井裏も確認しました。
予想通り、関係なかったです。
  
天井裏の臭気調査
  
  
細かい臭気の発生場所、強さなどの調査結果は報告書にまとめ、お客さんに提出しました。
一見すると全体リフォームしかないような現場でしたが、一部の改修と脱臭での対応となったようです。
この現場では第三者として臭気判定だけを対応したので、脱臭は別の業者が行ったようです。
このように、臭気判定だけでも対応しております。

臭気調査脱臭作業除カビ・防カビ作業病理検査室のホルマリン対策まで。
その他においのことでお困りであれば、ぜひ弊社共生エアテクノまで

https://www.201110.gr.jp/

  

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

創業記念日を迎えることができました



人気ブログランキング← クリックをお願いします。

   
いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は、臭気判定士におい刑事の松林が担当です。

弊社は、2003年(平成15年)10月30日に創業しました。
いつしか平成という元号は令和となりましたが、
2022年(令和4年)10月30日が、19回目の創業記念日でした。

創業したときからずっと、業務用や産業用の消臭・脱臭という
空気環境改善事業のみを生業としてきました。
とてもニッチでありながら、とても深いスメルワールドを
どれだけ極めてやっていけるか。
思い返せばそんなチャレンジの連続で、現在に至っております。

主業務は、工場の排気臭対策です。今や、日本全国はもちろんですが、
タイの工場の臭気対策もメインとして行っておりますし、
ベトナムの工場でも、少しずつ、必要としていただけるようになっております。
  

タイの工場の臭気対策

  
また、本当に多くお問い合わせを頂戴する業務の1つに、
一般のご家庭やオフィスビル、ホテルや飲食店などの
「異臭トラブル」も挙げられます。ニオイがするけど発生源がわからない
カビ臭対策をしたい。悪臭の原因を突き止めたい
付着してしまった臭気を脱臭したい。火災後の焼き焦げ臭を何とかしたい。
そのようなニオイのトラブル全般に、対応させていただいております。
  

工場の排気臭対策

  
その他、病院向けの業務も行っておりますが、特にその中でも、
ホルムアルデヒドを使用する作業場の、FA濃度の管理対策およびキシレン臭対策では、数多くの納入実績がございます。
共生エアフローユニットによって、今でも多くの病院病理様の対応に
専属チームが当たっております。

そして、各種メディア対応。テレビやラジオ、雑誌やwebメディア。
珍しい国家資格、臭気判定士の認知度を向上させていきたいし、
弊社のような珍しい臭気対策の専門企業の存在をもっと知っていただきたい。
「こんな会社あったんだ!もっとはやく知っていればよかった」
「どこに頼ればいいかわからなかった・・助かりました」
というお声は、未だに多くお聞きします。
突然やってくる臭気トラブルの、におい110番として弊社の存在を
どこかにとどめておいていただけるように、各種メディア対応
やれる範囲で頑張って対応しております。

日本全国は、あらゆるニオイ問題についての対応を行っております。
タイは工場の臭気対策を行っておりますしベトナムも同じです。
臭気に関することでしたら、臭気対策一筋20年目の弊社共生エアテクノ
お任せ下さい。ご相談はHPのお問い合わせフォームよりどうぞ。

それでは20年目を迎えた弊社共生エアテクノ
何卒よろしくお願い申し上げます!

  

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★

下記のバナーをクリックお願いいたします!


人気ブログランキング

脱臭装置・脱臭機・臭い対策の業務用専門会社|共生エアテクノの公式サイトは こちら→ https://www.201110.gr.jp/  です!

㈱共生エアテクノの代表であります、通称「におい刑事(デカ)」のブログは こちら→https://ameblo.jp/nioideka/

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★